けいけん豊富な毎日

今週の展望     担【けん♂】

さて、気を取り直して(爆)今週は古馬の出番。
天皇賞春(京都3200m)が行われます。

語弊のある言い方かもしれませんが、昨年の天皇賞春は
近年でも稀にみる低レベルなメンバー構成だったと考えられます。

基本的に若い馬が優勢なレースですが、4歳世代のGⅠ馬が不在。
結局のところ力上位の古豪がワンツーフィニッシュとなり、
その後ろは・・・5馬身の差がついて16番人気の馬が粘り込み。

考察中にも荒れ模様になる可能性について示唆してきたわけですが
実際にその通りになってしまうと正直・・・萎えますね(>_<)

3着まではもうあきらめるとしても、2着に入ったマイネルキッツに
関しては蓄膿症という話が出ていたわけで、まさしく逆風評被害(爆)
完全に踊らされた気持ちになりました。
情報は必要ですが、ミスリードするような情報は迷惑極まりません。
真偽については慎重に判断すべきだなぁ・・・とつくづく思いました。

で、今年は・・・一転して豪華な布陣になりそうな予感。

長距離路線で圧倒的な強さを見せてきているトゥザグローリーを
はじめとしてローズキングダム、エイシンフラッシュ、ペルーサ、
ヒルノダムールと4歳世代の上位馬が揃って登録。
(ヴィクトワールピサは香港を回避・・・残念)

昨年の覇者ジャガーメイルの名前こそありませんが、
マイネルキッツ、オウケンブルースリ、ジャミール、メイショウベルーガ、
ナムラクレセントといった強力な古馬陣との激突が非常に楽しみです(^^)

・・・トーセンジョーダンも順調であれば一緒に観たかったなぁ(涙)

メンバーのレベルが上がることがレースレベルの上昇に
直結するとは限りませんが、これだけのメンバーが揃えば最後は
厳しい叩き合いになってくれそう・・・天皇賞春らしいレースになれば
過去の傾向も活きてくれるんじゃないか、と考えています(^^)

じっくり楽しんでいきたいですね♪

今週は・・・考察とは別に個人的に非常に楽しみ、というか
決死の覚悟で応援したいレース、青葉賞が行われます。

ギュスターヴクライ、ヴァーゲンザイルがダービーへの出走権を賭けて
最後の大勝負!

・・・ヴァーゲンザイルはその前におそらく抽選を通る必要が
ありそうなんですけどね(^^;
まずは木曜日の出走馬の発表がドキドキです。
恐ろしく狭き門になりそうですが、是非なんとか!
出走権を手に入れてもらいたいものです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック