けいけん豊富な毎日

皐月賞(体重別実績)  担【けん♂】

皐月賞東京2000mで行われるということで、プリンシパルSのデータを
参考にしてきましたが、斤量に関しては皐月賞は57kgなので、
1kgの差が出てしまいます。

・・・ということで距離は違うものの、東京で行われるダービーの
体重別の実績
を調べてみました。

体重別実績:ダービー(03年~)】
ダービー体重

勝ち馬、という点ではここ7年全て480kgを超える馬となっています。
2、3着を見てみても好成績となっており、明らかに馬格のある馬が
優位
と考えて良さそうです。

ただしデータには示していませんが520kgを超える超大型馬になると
3着が一度あるだけ・・・出走頭数自体が少ないので微妙ですが
少々割り引いた方がいいのかもしれません。

460~480kgの馬は出走頭数自体が最も多いことを考えると
微妙な成績。
2、3着までは来ているだけに評価を落とし過ぎるのは危険ですが
割り引くくらいは考えた方がいいかも。
平均体重が非常に低かった05年を除くとスマイルジャック、
ドリームパスポートが絡んだのみ、となっています。

460kgを切るとなると・・・ディープインパクト、
アドマイヤオーラ、そして昨年のローズキングダムが入線。
名前を見ても・・・余程抜けた馬か斤量への耐性が高い馬に
限られている感じでしょうか。
ここまでの実績を見ても世代上位の力量がないと厳しいと考えられます。

今年の出走馬の前走体重

★500kg~
・サダムパテック
・ベルシャザール
・フェイトフルウォー
・デボネア

★480~500kg
・ビッグロマンス
・リベルタス
・プレイ

★460~480kg
・ステラロッサ
・ダノンバラード
・ノーザンリバー
・ナカヤマナイト
・ロッカヴェラーノ
・カフナ
・エイシンオスマン
・オールアズワン

★440~460kg
・ダノンミル
・オルフェーヴル

★~440kg
・トーセンラー

馬格が小さく出やすい割に斤量への耐性が高いステイゴールド産駒
体が小さくとも侮れないものがありそうです。
同様にディープインパクトもそういう傾向が出るのかどうか、
その辺りにも注目してみたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック