けいけん豊富な毎日

皐月賞(中間整理:有力馬抽出)  担【けん♂】

例年とは違い、東京で行われる皐月賞
過去の傾向は基本的に使えず、求められる適性なども違うと
考えられるだけに、なかなか考察が思うようにいきません(>_<)

ひとまず、ざっとここまで見てきた中で思っていることを
書きながら頭を整理してみたいと思います。

まずはメンバーをざっと見たところでの第1印象。
ナカヤマナイトVSサダムパテックの一騎打ちかな・・・でしょうか。

百日草特別、ホープフルSと今期のステップレースの中では
最もレベル的に評価出来る路線で結果を出してきたナカヤマナイト
ステイゴールド産駒は基本的に東京では狙いにくいわけですが
しっかりと共同通信杯でも結果を出していますし、
クビが低い体型は東京適性が感じられる印象です。
土曜の雨はおそらく日曜には回復してくると思いますので
馬場に影響はなさそうですが、たとえ湿った馬場になっても
血統的にはプラスになると思われるだけに、最も隙がない馬かなと。

鞍上の柴田善騎手がクラシックに縁がないこと(爆)あとは
詰めて使ってきた馬だけに、共同通信杯から大きく間を空けたことで
精神面への影響が気になるところ。
馬体を見る限り仕上がりは良さそうですが、こればかりは
走ってみないとわからないので不安は残らざるを得ませんね。

サダムパテックが勝った東スポ2歳Sは例年との比較でも
期待出来る内容だったと思います。
休養明けの弥生賞では明らかに太目で叩き台、といった状態で
しっかり勝ちきっており、世代上位の力量をしっかり示したと
見て良さそうかと。

末脚の伸びが秀逸な馬ですが、位置取りが極端に後ろにならないのが
非常に評価出来るポイント。
開幕週の東京では大きな武器になりそうです。

弥生賞のレベルが疑わしかっただけに、3歳になってからの
本格的な実力評価が出来ていないのが不安点。
同世代の上位組との実質的な力関係がどうなっているのか
その辺りは・・・やっぱり走ってみないとわかりませんね(^^;

世代上位の馬がある程度見えてきた、というところで
いきなり驚異的なレースレベルを見せた若葉S組、というのが
今回の台風になるかもしれません。

若葉Sで2着に入ったカフナはホープフルSでフェイトフルウォーと
クビ差の4着。ナカヤマナイト、ベルシャザールには離されていますが
最も馬体を落としていた時点でこれだけの力量を示せていた、ということで
力関係的には大きな差はなさそうです。

で、そのカフナに先着したダノンミルはさらに上の評価となると
当然無視は出来ません(^^)
馬体を減らしつつ来ているので、体調面に不安材料がありそうでしたが
馬体を見る限り、細目感や消耗などはなさそうです。

基本的には本番での乗り代わりというのはプラス材料ではありませんが
関東のレースで内田博騎手を確保して臨むというのは
逆に気合の表れとして評価して良さそう。
これまでは内回り、小回りのレースばかりでしたが、
ジャングルポケット産駒だけに東京開催はプラスに出る可能性も高そうです。

あとは・・・ベルシャザール
前々で脚を伸ばす競馬になればタフな脚が使える馬ですが
もう一伸び足りない印象。
末脚勝負だと分が悪いことを示してしまっているだけに
今回は位置取りに注目したいところ。
前走で▲12kgと絞った事が本番でどう影響するか・・・
馬体写真を見た限りでは微妙にハリが損なわれた気がしたのですが・・・。

弥生賞、京成杯と良い脚を使いながらも差し損ねている
デボネアは東京開催がプラスになりそうです。
この馬も位置取り、仕掛けどころで上位進出の可能性は十分。
血統的にもクラシックを勝つ底力はありそうに思えます。

逆にちょっと評価しにくく思えているのがオルフェーヴル、
フェイトフルウォー、トーセンラー
辺り。

オルフェーヴルは仕掛けどころの反応が鈍い印象で
池添騎手は特に東京では後方に下げ気味なだけに、どこまで届くか
微妙に思えます。前走のマイナス体重も気になるところ。
写真でも少し緩めに見えました。

フェイトフルウォーは東京での負け方が・・・いかにも
ステイゴールド産駒っぽく思えました(^^;
上位評価馬に少しずつ負けている点も微妙。
中山開催ならば・・・

トーセンラーの末脚は驚異的に思えましたが、逆にスローでこそ
という馬なのかも、という印象。
休養明けで後方からになるとどこまで届くか不安があるかもしれません。

・・・ちょっと頭がクリアになってきたところでもう少し
煮詰めていきたいと思います(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック