けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞(前哨戦評価1)  担【けん♂】

クラシックに向けて、2月末の時点で前哨戦の評価をまとめましたが、
改めて皐月賞(東京2000m)出走馬が出ていたレースについて
レースレベルを見てみたいと思います。

1800m
皐月賞評価1
青がけ→皐月賞出走馬の関連レース

・京都
後半にグダグダになった黄菊賞、前半が緩過ぎた萩Sは評価出来ず。
つばき賞、きさらぎ賞の前後半のラップは近く、内容的に似た感じです。
前で残ったプレイ、リキサンマックス(非出走)は上がりも近く、
似たような力量を示しています。
極端なキレを見せたトーセンラーの能力は認めるものの、
位置取り以上にゆったりと離れて追走していただけに消耗度は低目。
過大評価は危険かもしれません。

・東京
百日草特別、東スポ2歳Sの前半が同タイム。
どちらもスローの後傾ラップになっており、後半に締まったペースになった中、
前で脚を残した百日草特別組(ナカヤマナイト)はそれなりに高く評価出来そう。
逆に東スポ2歳Sは前が崩れた分、評価は微妙ですが、
展開をひっくり返す脚を見せたサダムパテックは高く評価出来そうです。

共同通信杯は前半が緩過ぎてレベルは低いですが、前残りになるべき
展開を強引に差し切ったナカヤマナイトの能力は相当高く評価して
良さそうかと。

・阪神
アルメニア賞はスロー過ぎて展開優位そのまま、というレース。
レベルは評価出来るものではありません。

締まったペースになったスプリングSは厳しい展開を前で残した
2着のベルシャザールの能力を高く評価しておきたいところ。

評価出来る馬
・プレイ(微妙)
・トーセンラー(微妙)
・サダムパテック
・ナカヤマナイト
・ベルシャザール

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。