けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞(展開分析)  担【けん♂】

東京2000コース
※東京2000mのコース図と03年~のプリンシパルSの平均ラップ

今年の皐月賞が行われる東京2000mは向こう正面から伸びたところの
ポケットからスタート。
スタート直後のカーブがあり、先行するなら内枠が相当有利です。
ただし、カーブを曲がりながらゆったりと下って行くため
スピードに乗った外枠の馬が前をかわしに行くのも可能です。

向こう正面の直線は途中に微妙な上りポイントを含みながらも
基本的に下り坂になっているのでペースが上げやすく、
暴走系の逃げ馬がいるときは極端な前傾ラップになることも・・・。

3歳戦ということでプリンシパルSのデータをとってみると
以前は前半1000mを61秒を超えるスローで行っての後傾ラップ
続いていましたが、近年では60秒から59秒台のそれなりに締まった
流れになりやすくなってきています。
極端な前傾ラップになったのは稍重だった08年のみ。
基本的には前後半にあまり差がないラップ計となっています。

下りながらの3コーナーを曲がってカーブ突入。
天皇賞秋ではここでも締まったペースになりがちですが、
プリンシパルSでは一旦緩んで12秒台中盤を超えるくらいに落ち着く傾向。

直線入り口手前から加速が開始されるかどうかは・・・先行馬と騎手次第。
早めに仕掛けると後続の馬が詰め寄りにくくなる形になりますが、
かなりのロングスパートになるため、先行馬自身も相当な能力が
求められることになります。

4コーナー位置取りと着順の関係
    1着→2着→3着
10年  3 13  5(番手)
09年  6  4 16
08年 13  1  3 ※稍重
07年  5  3  2
06年 10  7  5
05年  3  1  5
04年  7  7  5
03年  6  8  3

これも改装後に行われたプリンシパルSのデータ。
おおよそ先行、好位有利の傾向となっていますが、極端な偏りはなく
中段辺りの馬にも充分チャンスがある感じ。

昨年は2着に後方から馬が飛び込んでいますが、勝ち馬とは
4馬身差の完敗・・・
重馬場適性がモノを言った08年のような差し切り勝ちもありますが
基本的にはあまり後ろからでは届かないレースと考えてよさそうです。
特に今年は開幕週だけに、前が止まりにくい傾向が
出る可能性がありそうです。

実力、実績上位馬が集結するGⅠだけに、トライアルである
プリンシパルS以上の厳しい流れになる可能性も十分。
通常の皐月賞でも、それまでの前哨戦よりも基本的に勝ち時計が
速くなる傾向
が出ています。
・・・ただはっきりした逃げ馬が不在な印象だけに想定以上の
スローになることもあるかもしれないのが悩ましいですね・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現時点の本命

前哨戦の結果も、各馬の着順が入れ替わり、どの馬にもチャンスがある皐月賞。
狙いたい馬は、ダノンバラードです。
※シャンティ骨折の嫌なニュースが飛び込んで来たことが気になりますが…。
東京2戦目になったことも、吉と出るはずですし、坂路に切り替えたことも良いと思います。
何より、やはり私の持論であります、前走1番人気で負けている馬は好走するケースが多いということです。
ちなみに、マイラーズCも前走1番人気で負けた馬が独占しました。
人気の重圧から開放されて、実力を発揮し易いのか、走力はあるのに気分次第なのか、厩舎サイドが調整方法を変えるのか、理由は分かりませんが前走1番人気で負けた馬の巻き返しはよく見られます。
マルセリーナが桜を勝ったことで、こうなりゃクラシックはディープ産駒で占めたらオモロイっ!!という気持ちもあと押ししてます(^^)

タカジョー | URL | 2011年04月20日(Wed)19:24 [EDIT]


>タカジョーさん
ダノンシャンティは屈腱炎のようですね。
うーん、安田記念でどんな走りをするか
楽しみでしたが・・・残念です。

1番人気で負けた馬の巻き返し、という
視点は非常に面白いですよね。
素質と実力を評価されていたわけですから
休養明けの凡走で人気を落とすなら
狙い目になると思います。

ディープインパクト産駒がクラシックを
席巻するかどうか、注目したいと思います(^^)

けん♂ | URL | 2011年04月20日(Wed)20:45 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。