けいけん豊富な毎日

皐月賞(各馬分析3)  担【けん♂】

皐月賞(東京2000m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

オールアズワン】(栗東) ネオユニヴァース×(ナリタブライアン)
札幌2歳Sを勝ち、ラジオN杯2歳Sで2着と大きなレースで
結果を出してきましたが、どちらもレースレベルとしては微妙。
休養明けの弥生賞では中段から好位に押し上げつつ、最後は脚が止まり
8着と大敗してしまいました。これまでの最速の上がりが34.9と
末脚の鈍さが目立つ点が気になるところ。東京開催は大きく
マイナス材料になりそうです。

トーセンラー】(栗東) ディープインパクト×(Lycius)
極端な末脚を発揮してきさらぎ賞を制覇。楽逃げしたリキサンマックスの
脚が止まり気味だったために、瞬間移動したかのような強烈な印象を
受けましたが、逆に仕掛けどころの遅さが気になるところ。
元々馬格がないタイプですが、▲10kgと体重を落として
休養に入っているだけに状態をどこまで戻せているかも
大きなポイントになりそうです。
脚質からすれば明らかに外回り巧者、東京開催はプラス材料。

フェイトフルウォー】(美浦) ステイゴールド×(メジロマックイーン)
近年でも最も緩まないペースとなった京成杯を制覇。
ホープフルSでも前とは離されながらも中段からしっかり脚を
使えていただけに、能力的には上位クラスの馬と評価して良さそうです。
皐月賞が例年どおり中山開催であれば、かなり高く期待出来そうですが
東スポ2歳Sでは後方から前の馬に引き離されていただけに
東京開催はマイナス材料になりそう。

ダノンバラード】(栗東) ディープインパクト×(Unbridled)
コーナーでの急加速がなく、前に詰め寄りやすかったラジオN杯2歳Sを
中段から差し切り勝ち。共同通信杯では好位から位置を下げるようにして
脚が伸ばせず、9着と完敗。高いレベルの内容を示していない点は
評価を下げざるを得ない感じです。
間隔を空けて調整状況も気になるところ。

リベルタス】(栗東) ディープインパクト×(Garde Royale)
締まった流れを前で押し切った千両賞は評価出来ましたが、
本質的にスタミナがあるタイプではなく、スプリングSでは
脚が止まって13着と大敗。
2000mのレースとなるとかなりスローペースにならないと
最後の伸びに影響が出てしまいそうです。

ロッカヴェラーノ】(栗東) マンハッタンカフェ×(Sri Pekan)
初めて逃げたすみれSでは超スローペースを作って逃げ切り勝ち。
上がり勝負になった前々走ではキレ負けしているだけに
現状だと力勝負ではかなり分が悪そうです。
微妙に体重を落としつつきているので間隔が狭まったローテになったのは
厳しそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック