けいけん豊富な毎日

大阪杯(各馬分析1)  担【けん♂】

大阪杯(阪神2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

イケドラゴン】牡6 57.0 (美浦) ニューイングランド×(サクラユタカオー)
超スローで逃げ粘った目黒記念2着がありますが、基本的に重賞では
掲示板にも届かない成績。馬格があるので斤量が増えるのは影響ないと
思われますが、初の関西遠征を含めてプラス材料がないだけに
厳しそうです。実績は東京に偏っており、内回りコースも微妙。

エイシンフラッシュ】牡4 59.0 (栗東) King’s Best×(Platini)
極端な瞬発力を活かしてダービーを勝っていますが、今回と同じ設定の
エリカ賞や中山の京成杯を勝っており、適性面に不安はなさそうです。
ただし、直線が短いコースでは前につけてギリギリで勝っているので
このところのように中段からの競馬になってしまうと差し損ねの可能性も十分。
騎手の力量や枠順にも注意したいところです。

エーシンジーライン】牡6 57.0 (栗東) Giant’s Causeway×(Danzig)
重賞初挑戦。末脚を活かすタイプが多いジャイアンツコーズウェイ産駒にしては
珍しく逃げる脚質で近走の実績も内回りコースに偏っています。
重賞クラスとのレベル差はありそうなので過大な期待は出来ませんが
コース巧者になる可能性があるので他の先行馬との兼ね合い次第で・・・

オペラブラーボ】牡7 57.0 (美浦) オペラハウス×(サンデーサイレンス)
中段、好位からキレのある末脚が使える期待馬でしたが、09年辺りから
脚部不安に悩まされ、順調に使えていません。一年ぶりとなったOPから
さらに9ヶ月ぶり・・・年齢の割に馬体自体は若そうですが、
急な復活は期待しにくい状況。能力的には重賞上位の常連くらいには
なっていてもおかしくない馬だと思います。

キャプテントゥーレ】牡6 58.0 (栗東) アグネスタキオン×(トニービン)
馬格不足のため、厳しいと考えられた中山記念で58kgを背負って
ヴィクトワールピサの2着と健闘。体重を絞り込んでいきなり仕上がって
しまっていた感じだっただけに、今回は調整状況に不安があるかもしれません。
斤量に対する不安は相変わらずありそうですが、内回り、小回り巧者の成績で
同条件の朝日CCを連覇しているだけにこのレースへの適性は相当高そう。

スマートステージ】牡6 57.0 (美浦) ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)
後方からの脚質でそれなりに伸び脚は使いますが、重賞では馬券圏内に
届いたことがなく、現状では期待しにくい状況。前走では位置取りが前だった馬に
キレ味で負けており、内容的も完敗。馬格的に斤量が増えるのはそれほど
問題にしないと思いますが、それでも推せる材料に欠けてしまいます。

タッチミーノット】牡5 57.0 (美浦) ダンスインザダーク×(Mr. Prospector)
晩成型のダンスインザダーク産駒らしく、3歳秋には勝ちあがれずに
地方に移籍してから中央復帰。昨春の復帰以降は(4-1-2-1)と
素晴らしい安定感を誇っています。超スローの瞬発力勝負になると
末脚のキレは抜群ですが、レベルが上がると・・・微妙に届かない成績。
京都の長距離辺りで見てみたい1頭かも。中距離では上位馬に現段階では
実力的に見劣ってしまいそう。内回りコースも微妙。

ダイワファルコン】牡4 57.0 (美浦) ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)
ある程度前につけて末脚が使えるのでジャングルポケット産駒らしくなく
中山でも好成績をおさめている小回り巧者という成績。
後方でためればかなりのキレ味が使えますが、前々からの競馬の方が
安定感も高く、今後に期待がつながりそうです。
昨秋に馬体を戻して復帰してからは3勝、2着2回、3着1回と
ほぼ完璧な成績。重賞でどこまで出来るか楽しみな1頭になりそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック