けいけん豊富な毎日

大阪杯(展開分析)   担【けん♂】

阪神2000mコース
※阪神2000mのコース図と大阪杯のラップ平均

大阪杯が行われる阪神2000m(内回り)はスタートしてすぐに上り坂になっており
加速がつきにくい構造。
300mほどでカーブ、そのあとは京都と違って上り坂もないので
淡々としたラップが刻まれる傾向があるようです。

1200mを超えたところでカーブしながらの下り坂。
残り800mは息を入れられないペースになりやすいわけですが
馬場が湿ると滑らないように減速することもあるので
良馬場とはガラリと展開が変わってしまいます。

基本的には下り坂を利用して加速しながら先行馬が逃げるために
後方からは位置取りを詰めにくく、隊列は長目のまま直線に入りやすいと
考えられます。
先行馬の能力、脚質には注意が必要になりますね。

外回りよりは最終コーナーがタイトになっているので外を回した馬は
大きく外側に膨らまされる傾向。かなりロスが出てしまいます。
早めに押し上げが出来ないと外から追撃するのは難しい構造。
騎手の力量は非常に重要になります。

ペースによっては直線の上り坂で脚が止まる先行馬も出るので
その場合は差しが有効・・・ただし坂を問題にしないスタミナのある先行馬は
そのまま押し切ってしまえるコースだと思います。

4コーナー位置取りと着順の関係
    1着→2着→3着
10年  4  8  8
09年  6  4 10
08年  1  3  2
07年  4  1  8

基本的には先行、好位からの馬が優位。中段からの差し馬が届く場合も
ありますが、2、3着までという感じでしょうか。
強力な先行馬がいるかどうかはかなり重要になりそうです。

逆に先行馬の崩れ具合も重要。
コーナーまでに余力を失うような展開になるならば、
隊列がグッと縮まってきますので、差し馬優位になってきます。
メンバーをざっと見渡しても有力な先行馬が見当たらないだけに
スローでコーナーで詰まる可能性も頭に入れておきたいですね。

昨年のようにスパートが早めにかかるような展開になると
外回りに近いレース展開になるわけで、内回りに向いた脚質の馬には
厳しくなってしまいます。

まずは先行馬の脚質を見つつ、展開に合った馬を探してみたいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

忙しそうじゃほっ

今週は展望と回顧で追い通しでうかい?

( ゚Д゚)っc日 サイシレ ヌルカフェ デス。

オイラも展開を数値化、システム化に幾度と挑戦するも
挫折。。。

今年の暮れには展開予想も取り入れようかな…

フレデフォート君のイケてない指摘ありがとうございます。
確かに馬券的にみると
バテてないのにジリジリとしか伸びてこないのは斤量負けが大だと思います。。。

ミリオ | URL | 2011年03月28日(Mon)22:53 [EDIT]


>ミリオさん
まさしく追い通しになりそうです(笑)
押して押して・・・どこまでいけるでしょうか(^^;

ヌルカフェどうも♪
猫舌の正反対なので熱々でもOKですよ(爆)

数値化、システム化は私も常々考えている
ところではあるんですが、もしも出来てしまうと
競馬が面白くなくなりそうで(爆)
躊躇しています。やっぱり一戦一戦、
あーでもない、こーでもない、と考えるのが
一番楽しいですよね。

フレデフォート君には是非私の肉を分けてあげたい・・
贅肉はいらんわ!(+`・д・)≡○)゚д。)ノスイマセン

けん♂ | URL | 2011年03月29日(Tue)19:31 [EDIT]


 

トラックバック