けいけん豊富な毎日

ドバイワールドカップを終えてpart2  担【けん♂】

ドバイワールドカップデイ、他のレースについて振り返ってみたいと思います。

ドバイシーマクラシック(芝2410m)

過去にはハーツクライ、ステイゴールドが制したレース。
メイダンに場所を移して、昨年はブエナビスタが2着と惜敗しています。

今年はルーラーシップが挑戦、GⅠ勝ちがないことで支持率の面では
微妙でしたが、その強さは日本ではよく知られているところ。
個人的にもGⅠ制覇の大チャンスだと踏んでいましたが・・・

スタートしてすぐに馬群に包まれてスムーズに走ることが出来ず、
クビを上げて苦しがってしまったルーラーシップ。
どうやらペースが緩くなったことで密集した中に入ってしまい、
思ったような走りが出来なかった模様です。

完全に引っかかってしまい、仕方なしに思い切って逃げる形に
持ち込んだスミヨン騎手。
そこからは落ち着きを取り戻した感じになりましたが、
序盤の消耗というのはやはり後々に響いてしまうわけで・・・

直線に入っても先頭で踏ん張るルーラシップでしたが、
残り僅か、というところでとうとう力尽き、後続の馬群に飲み込まれて
しまいました。

序盤の消耗の影響だけでなく、長く良い脚を維持するような
競馬
自体が合わないのかも・・・。
上手く中段辺りで折り合って、最後のスパート勝負に持ち込めていたら・・
というのは、もちろん今となってはわからないことですが、
適性の面を考えてもキングカメハメハ産駒よりはSS系の馬の方が
合うかもしれない、というのが率直な感想です。

レース後のコメント
6着 ルーラーシップ
<角居勝彦調教師>
馬の仕上がりは良かったです。この馬は、1冠歩目が大きいので、
スローペースになって苦しい形になり、息が入りませんでした。
途中から外に出したらリラックスして走っていましたが、レース序盤の影響が
大きかったと思います。距離が長いのは問題なさそうなので、
今回は展開のアヤだと思います。


<C.スミヨン騎手>
スタートしてからリラックスできず、息が入りませんでした。
距離が長かったわけではないので、馬を前に置いてレースを進めたかったです。


ドバイシーマクラシック


勝ったのは英ダービー3着のリワイルディング
と言っても、勝ち馬に7馬身半差で完敗していた馬だけに、現時点では
世界のトップレベルとは言えませんでしたが、これからの活躍が楽しみです。
※リワイルディングは昨年のこのレースの勝ち馬ダルレミの半弟、
 いやー血統の力って凄いです(^^)

それにしても、こういう世界の舞台だと馬がまるで肉食獣のように
凄い迫力
で追いかけてきますね(^^;
なんというか・・・飢えたように貪欲な走りをしてくる感じです。
やはり、世界で戦う馬や騎手って凄いなぁ・・・

ドバイデューティーフリー(芝1800m)

ここには日本馬の出走はなし。
注目はシンガポールの怪物ベターザンエヴァーや香港でエーシンフォワードや
ヴィヴァパタカを破っているビューティーフラッシュだったんですが、
どちらも見せ場なしで完敗(>_<)

終始後方を追走していた昨年11着のプレスヴィス
4コーナーで上手く内を突いてショートカット
馬を押しのけるように前に進出すると馬群の中をスルスルと抜け出して
昨年のリベンジを達成!

うーん、ブエナビスタにも騎乗したムーア騎手ですが、
どうやら目指す形はこんな競馬だったのかもしれません。
出来れば、ドバイワールドCでこういう騎乗が観たかったものです・・・(涙)

ドバイデューティーフリー


ドバイゴールデンシャヒーン(AW1200m)

ここにも日本からの出走はなし。
直前でキンセールキングが回避となり、9頭立てと少頭数になってしまいました。

注目のロケットマンは好スタートを切りますが、馬群の外の2番手に控える競馬。
終始手応えよく追走すると、直線に入って馬場の真ん中を力強く抜け出し、
あっさりと突き放して完勝!

これで豪州の超新星ブラックキャビアとの対戦がさらに
楽しみになりました(^^)

今回は香港からも多数の参戦があったのですがロケットマンに迫る馬はおらず。
香港でもセイクリッドキングダムに続く短距離界の新鋭の登場が待たれる
ところのようです。

ドバイゴールデンシャヒーン

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【競馬予想でウハウハ】

『競馬予想でウハウハ』は完全無料の競馬予想サイトです!中央競馬の全レースの買い目が無料で観覧可能で 充実のレース情報と高精度の予想で浮いた新聞代を馬券に使えるのが魅力です!!
[続きを読む]

競馬WEB事務局 | 2011年03月28日(Mon) 09:13