けいけん豊富な毎日

高松宮記念回顧  担【けん♂】

書きたいことが溜まっていますが、仕事でバタバタしており
なかなか手をつけられません(>_<)

ひとまず、高松宮記念を振り返っておきたいと思います。

阪神開催となった今年の高松宮記念、若い世代の馬が出始めており、
長く短距離界のトップに君臨してきたキンシャサノキセキなどの
ベテラン勢との対決、という構図になりました。

予想は→ココ

結果は・・・

1着▲キンシャサノキセキ  1.07.9  上がり34.0
2着 サンカルロ        11/4
3着 アーバニティ

5着○レッドスパーダ
10◎ジョーカプチーノ
11×ダッシャーゴーゴー ※4着降着
15▲ワンカラット

※全着順は→ココ

ハナを切って行ったのはヘッドライナー。
外から押してダッシャーゴーゴーが続き、ワンカラット、レッドスパーダも前へ。

キンシャサノキセキも今回は好位の一角、それを見ながらジョーカプチーノ。
前回に自在性のあるところを見せていることで、無理には行かなかった模様です。

12.1-10.8-10.7-10.7-11.4-12.2
前半600m 33.6
後半600m 34.3

前半のペースはおおよそ想定していたペースより少し緩め。
例年のセントウルSと比較しても平均ペースくらいでしょうか。

600m通過から800mまでの間に徐々にペースダウンしてくるのが
セントウルSの基本的なパターンですが、今回は減速なしで
グイグイと前の馬が引っ張っているため、消耗度は高め。

直線に入ってグッとペースが落ちているように、前の馬には
厳しい展開
になったと考えられます。

直線入口でダッシャーゴーゴーが先頭に立ち、それを追いかけて
キンシャサノキセキというマッチレースとなりますが、
徐々に手ごたえの差で逆転され、抜け出したのはキンシャサノキセキ
見事に連覇達成となりました。

振り落とされたダッシャーゴーゴーに中段から押し寄せた
馬群が襲い掛かり、2着にサンカルロ、3着にアーバニティが入線。

ダッシャーゴーゴーはその前に3コーナーで斜行をした角で
降着となってしまいました。

実際、3コーナーで被害を被ったジョーカプチーノはクビを上げて
大きくブレーキ
を踏んでしまっており、少し後味が悪いレースに
なってしまった印象です。

※道中でウエスタンビーナスが粉砕骨折(>_<)
 残念ながら予後不良となってしまいました。
 長く頑張っていた牝馬だけに母にならずに終わってしまったのは
 競馬界にとっても大きな損失ですね。ご冥福をお祈りいたします。

レース後のコメント
1着 キンシャサノキセキ(リスポリ騎手)
震災で困っている人が大勢いる中で複雑な気持ちですが、今日は弟の誕生日で
いいプレゼントが出来ました。馬は今日は落ち着いていて、いいコンディションでした。
仕上げてくれた堀先生にも感謝しています。来年も必ず日本に戻って来ます


2着 サンカルロ(吉田豊騎手)
1200mで位置取りが馬群の中になってしまい、外に出したかったのですが 
出すことが出来ず、馬群を割る形になりました。でも狭いところを抜け出す
根性がありますね。1200mの流れにも慣れてきました


4着 ビービーガルダン(佐藤哲騎手)
もう少し流れに乗りたかったですが、スピード負けしている感じ。
今日の落ち着き方を見ると、今後はマイルの方がいいかもしれません


5着 レッドスパーダ(横山典騎手)
不利は受けたけど他の馬も受けましたからね。そんな中この馬も頑張っています

6着 ショウナンアルバ(蛯名騎手)
あまり位置を取りに行くと折り合いを欠きます。
だからゲートを出たなりのレースしか出来ませんが、最後もよく来ています。
楽にポジションを取れるようになれればいいのですが…」


7着 スプリングソング(池添騎手)
不利や故障馬の煽りもあってスムースさを欠きました。
スムースにレースが出来ればもう少し上の着順に行けたと思います


10着 ジョーカプチーノ(藤岡康騎手)
ゲートも雰囲気が良く、いいペースでレースが出来ましたが、
3コーナーで不利があり、減速した後はエンジンがもう掛かりませんでした


15着 ワンカラット(藤岡佑騎手)
スタートも良く、不利も受けず、いい競馬だったと思いますが、外枠が響きました

ジョーカプチーノは前をカットされただけでなく、直線に入ってからも
他の馬に寄せられたりして、チグハグな競馬になってしまいました。
揉まれ弱いところもあるのかも・・・。
いっそ思い切って行った方が持ち味が活きるかもしれませんね。

前の馬にとって厳しい展開となりましたが、その中であっさりと
前から抜けて勝ったキンシャサノキセキはまさに役者の違い
見せつけた感じ。
若い馬に負けないパワーを見せてくれたのは嬉しいですが、
世代交代を宣言する馬が出てこなかったのは残念な限り。

2、3着の馬は展開がハマった面があるので、実力の評価としては
勝ち馬と比較するとかなり落ちてしまいます。

うーん、秋までに勢力図が変わってくるのかどうか、
奮起に期待したいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

敗戦受け入れる。。。

13番のダッシャーゴーゴーがカットしなければ…
もっとオイラも際どかったはずとオモテとふて寝。

オイラが外したのはビービーもレッドもブレーキ入ったからなんじゃ!

オイラ的には高松宮記念の敗戦より
熊本城特別で出資馬のフレデフォート君が何の不利もなく負けた事がキツイ。

秋には1200~1600でココで取り上げられる程の馬と妄想してたのに。。。

。・゚・(つД`)・゚・。

ミリオ | URL | 2011年03月27日(Sun)23:23 [EDIT]


>ミリオさん
よりにもよって不利を受けたのが・・・(涙)
競馬にはどうしてもこういうことは
つきものですがやっぱり悔しいですね。

フレデフォートくんは・・・成績を見る限り
どうも斤量負けしている感じです。
まずはモリモリ食べて成長してもらいたいものです。

けん♂ | URL | 2011年03月28日(Mon)04:38 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高松宮記念(◎2着で的中)・毎日杯・スプリングS・フラワーC 2011 回顧

東北地方太平洋沖地震災害義援金の受け付けについて トラコミュ 血統予想やってますレース結果・回顧 【高松宮記念】 ◎の複と◎-○のワイド的中 ◎サンカルロ 2着 ○キンシャサノキセキ 1着   予想は...
[続きを読む]

稀に的中?3代血統で重賞予想 | 2011年03月28日(Mon) 05:56