けいけん豊富な毎日

高松宮記念(ペース適性分析)  担【けん♂】

高松宮記念(阪神1200m)についてもう少し考えてみたいと思います。

過去のセントウルSの前後半のラップ計のバランスは

10年 33.9→34.1 ▲0.2
09年 33.8→34.0 ▲0.2
08年 33.5→33.8 ▲0.3
07年 33.4→33.7 ▲0.3
06年 33.3→35.3 ▲2.0 ※稍重
05年 33.9→34.5 ▲0.6 
04年 34.6→33.6  1.0
03年 33.4→34.4 ▲1.0
02年 33.1→34.0 ▲0.9
01年 33.6→34.5 ▲0.9

04年を除く9年が前傾ラップ
阪神1200mは前半が下り坂になっているので前半から速いペースに
なりやすい構造だと考えられます。

ただし・・・前半600mのペース自体はかなりマチマチ。
33秒台になるのが基本ですが、33.133.9とかなり大きく
バラついています。

その年の出走メンバーに左右されることではありますが、
近年になって特に前半が緩くなる傾向が進んでいるのは気になるところ。
特に昨年は改装以降に行われた中では前後半ともに最も遅く、
レベル的には疑わしい内容になっています。

前半と後半の差で見てみると、昔に比べると改装以降は差が小さく
なってきていることがわかります。
これは、4コーナーのカーブの角度が緩くなってスムーズに
曲がれるようになったことが影響していそうですね。
逆に言えば、それだけ息を入れるポイントがないレースになっているわけで
速いペースでずっと脚を維持出来る馬が有力だと考えられます。

今回の出走馬を脚質とこれまでのレース実績別に分類してみました。

33秒台前半で先行(好位)して上位に入っている馬
・ジョーカプチーノ
・ビービーガルダン
・ワンカラット
・ウエスタンビーナス
・サマーウインド(ダート)
・ヘッドライナー

33秒台前半で先行(好位)および、中段後方から上位に入った自在性のある馬
・キンシャサノキセキ
・アーバニティ
・シンボリグラン

33秒台後半で先行(好位)して上位に入っている馬
・レッドスパーダ
・スプリングソング
・ダッシャーゴーゴー

★33秒台のレースを中段、後方から差して上位に入っている馬
・ショウナンアルバ
・サンダルフォン
・サンカルロ
・エーシンフォワード

今回はかなり速いペースで行ける先行馬が揃った印象。
前半600mは33秒台前半になってくる可能性が高そうです。
特にジョーカプチーノはすんなりと先手が取れそうですね。

ビービーガルダンは近走で少し遅れ気味。
ヘッドライナーも09年に適性を示したことがありますが
近走ではスローで前半をまとめないと厳しい、という結果になっています。

サマーウインドはダートでも速いペースをこなしており、
スピード能力の高さは相当だと思われます。
ここまでの実績馬だと侮れないかもしれませんね。

自在性のあるタイプとしたのは最近は差す競馬になりがちなグループ。
枠順次第の面はありそうですが、キンシャサノキセキ
どこにつけてくるか注目ですね。

短距離経験の浅いレッドスパーダを含め、スプリングソング、
ダッシャーゴーゴーは少し緩めのペースでこそ、という感じ。
前半で置いていかれてしまうと、持ち味が活かせなくなりそうなので
今回は今後に向けた試金石になりそうです。(未経験≠不適格)

後方からの脚質の馬は・・・展開に大きく左右されそうです。
超ハイペースの前崩れになるようなら出番がありそうですが
前が残るペースになると、ちょっと厳しいかもしれません。
エーシンフォワードは33秒台中盤のペースでも好位につけた経験が
あるだけに、今回の位置取りには注目したいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ジョーカプチーノ君、どうやら奇数馬番の時に出遅れる癖があるそうで…
今回も奇数なんですよね。ちょっと怖い。
展開は彼次第だと思うんで、予想を丸ごと2通り用意しようと思ってますw^^;

し | URL | 2011年03月26日(Sat)01:16 [EDIT]


>しさん
奇数番で出遅れ!
うーん、気性の問題なんでしょうか。
今回も気になりますね~注目したいと思います。

今回はおっしゃるとおりまたく別パターンの
レースになる可能性があると思います。
前の馬、後ろの馬に極端に分けて
2通りで狙うというのは面白そうですね(^^)

けん♂ | URL | 2011年03月27日(Sun)00:14 [EDIT]


 

トラックバック