けいけん豊富な毎日

高松宮記念(斤量負担分析1)   担当【けん♂】

高松宮記念(阪神1200m)について、今度は体重と斤量を
調べてみたいと思います。

今回もセントウルSの過去データからの考察となります。

セントウルS:体重別実績(01年~)
セントウル体重

短距離のレースということで500kgを超える馬も多いですが
意外に中型の馬の方が出走数は多いですね。

3勝をあげているのは460~480kg、480~500kg、
500~520kgのゾーン。
特に阪神改装以降の4年間では500kg以上の馬が3勝と好調です。
と同時に480kgに満たない馬は09年の3着にコスモベルが
入ったのみ。連対すら出来ていない状況が続いています。

現状では480kg以上が好走ライン
余程の実績馬以外は割り引いた方が良さそうです。

460kgを下回って3着に入ったのはデュランダル、
サニングデール
の2頭だけ。
どちらもGⅠ馬だけに、本当に例外的な馬じゃないと厳しそうですね。

セントウルS:実質斤量負担別実績(01年~)
セントウル斤量負担

上記のデータを実質斤量負担別にまとめ直してみました。

※実質斤量負担=斤量÷馬体重(%)

うーん、露骨に実質斤量負担が低ければ低いほど好走する、
というデータになっています。

12%を超えて2着になったのは03年のビリーヴ、
昨年の香港馬グリーンバーディーのみ。
どちらも実績上位のGⅠ馬だけに例外視した方が良さそうです。

12.5%を超えて3着に入っているのは上記のデュランダル、
サニングデールであることも合わせて、通常の好走の上限は・・・
おおよそ12.0%
と考えて良さそうかと。

体重だと牡馬、牝馬の差が出てしまうので実質斤量負担を
目安にライン
を引いた方がわかりやすそうですね(^^)

ちなみに・・・

セントウルS:性別実績
セントウル性別

というようにセントウルSは牝馬優勢のレースとなっています。
昨年ダッシャーゴーゴーが勝つまでの3年間は牝馬が3連覇。
昨年も3着は牝馬でしたし、09年は1~3着まで全て牝馬が独占。
07年も牝馬のワンツーフィニッシュとなっており、
特に近年でこの牝馬優勢の傾向は強まっている印象。

速いペースで思い切って行ってしまう、という競馬になりやすいことが
性質的に牝馬に合うのかもしれません。
(アイビスSDも牝馬優勢ですし・・^^;)

今年の高松宮記念でも牝馬旋風が吹き荒れるのか、注目したいところです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 高松宮記念 2011 展望 ~ 阪神芝1200を勝つのに必要な血 】

東北地方太平洋沖地震災害義援金の受け付けについて(ジャパンネット銀行) 東北地方太平洋沖地震の被災者義援金について(楽天銀行) トラコミュ (3/26阪神11R) 第60回 スプリングステークス(GII) (3/26阪神12R) 第25回 フラワーカップ(GIII)
[続きを読む]

ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ | 2011年03月23日(Wed) 09:32