けいけん豊富な毎日

フェブラリーS(来年への申し送り)  担【けん♂】

フェブラリーS(東京D1600m)が終わったところで、
今回の考察内容について、ざっと検証しておきたいと思います。

フェブラリーSの好走馬の条件
・勝ち馬は4歳、5歳馬。6歳馬はヒモまで。
・7歳以上は一線級で活躍出来ている馬に限ってヒモまでの候補。
・実質斤量負担は12%オーバーが危険ゾーン。(475kg以上)
・1700m以上の距離実績が必要。
・勝ち切るには地方GⅠ勝ち、もしくは中央重賞勝ちが必須。
・8枠優位。勝ち馬は4~8枠の馬。(内枠で勝てるのは超実力馬)


まずは年齢
勝ち馬のトランセンドは5歳馬。
3着に4歳馬のバーディバーディが入り、若い馬が優位という
傾向はそのまま当てはまりました。
2着に入った7歳馬のフリオーソは近走の内容、実績が完全に
抜けて上位の充実馬だけに、ヒモ候補に入る・・・という点も
完全にハマっています。

今回の上位馬の馬体重と実質斤量負担

1着 514kg(11.1%)
2着 506kg(11.3%)
3着 488kg(11.7%)

フェブラリーSの場合は条件がかなり厳しく、12%オーバーで
危険水域になってしまう傾向となっていましたが、上位はしっかり
ボーダーをクリアしています。
バーディバーディは当日の馬体重次第で割り込む可能性があったため
印を回せませんでしたが、プラス体重であれば問題なかったですね。

距離実績は・・・これも3頭ともクリア。
4着に1600mまでしか実績がなかったダノンカモンが入っていますが、
馬券対象内には届きませんでした。
ただ、1800mの芝重賞で4着、距離延長OKの血統、
そして外人騎手といった要因もあったため、こういう馬については
今後も注意が必要かもしれません。

逆に距離実績の条件をまったく満たしていなかったセイクリムズン
人気を完全に裏切ってしまいました。
やはり非常に重要なポイントとして今後も考えておくべきだと思われます。

勝ち馬は外枠(5~8枠)・・・という点も過去の傾向を
踏襲しています。
余程の実力馬(先行力がある馬)以外は内枠からでは勝ち切るまでは
難しいのかもしれません。

ということで、この条件はそのまま来年への申し送りとして
使えそうです(^^)g

ただし、過去の傾向はあくまで過去のモノ。
例外的な結果になる年は出てくると思われますが、
斤量も年齢も距離実績も、走力に影響のあるポイントだけに
基本的には今後も絞り込むためのハードルとして利用出来そうです。

気が早いですが・・・来年のフェブラリーSでは
トランセンドが6歳、エスポワールシチーは7歳・・・条件的には
勝ち切れないことになってしまいます。
果たして世代交代はあるんでしょうか。新鋭の登場にも
大いに期待したいですね(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

来年は、東京D1600mのスタート地点の芝目が、横一列になり、内外の有利不利が無くなるらしいです。
来年は、内枠が来そうです。

鬼太郎 | URL | 2011年02月21日(Mon)18:32 [EDIT]


>鬼太郎さん
貴重な情報!ありがとうございます。

構造の変化は大きく影響してきそうですね。
内目に入った先行馬には注意したいと
思います♪

けん♂ | URL | 2011年02月22日(Tue)20:44 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェブラリーS・ダイヤモンドS 2011 回顧

トラコミュ 血統予想やってますレース結果・回顧 ●フェブラリーS ◎シルクメビウスは8着 今日の3・12Rで今開催ダート1600で勝ちがなかった父ミスプロ系が勝利 1・6着の父がワイルドラッシュ 2・3着の父...
[続きを読む]

稀に的中?3代血統で重賞予想 | 2011年02月21日(Mon) 05:42