けいけん豊富な毎日

フェブラリーS回顧   担【けん♂】

今年最初のGⅠ、フェブラリーSが行われました。

エスポワールシチーが不在、ということで混戦模様が加速。
オッズはかなり割れ加減でしたが、GⅠだけあって
実力がモノを言うレースを期待したいところ・・・

予想は→ココ

結果は・・・

1着○トランセンド  1.36.4  上がり36.3
2着▲フリオーソ    11/2
3着 バーディバーディ
4着×ダノンカモン
5着△マチカネニホンバレ

8着◎シルクメビウス

※全着順は→ココ

ハナを切って行ったのは想定どおりトランセンド。
以前に東京で走ったときには先行出来なかった点が不安視されて
いましたが、今回はまったく問題なかったですね。

2番手にマチカネニホンバレ、続いてダイシンオレンジ、メイショウタメトモ。
中段にコスモファントム、バーディバーディ、
先行を期待したフリオーソはまさかの後方4番手からの競馬に
なってしまいました。

12.6-11.2-11.9-12.2-12.2-12.1-11.9-12.3
前半800m 47.9
後半800m 48.5

おおよそ想定していたとおり、前半はスローでまとめてきています。
そこから淡々とペースを緩めずに引っ張っているため、
後方の馬が捲りあげて行くことが出来ず、直線入り口では
トランセンド、マチカネニホンバレの2頭が前に抜けた形で
隊列は少し縦に長い形。

フェブラリーS:4コーナー
フェブラリー4コーナー

前の馬も厳しい展開を強いられているために、余力不足の
マチカネニホンバレは徐々に競り落とされてしまい、
代わりに馬群から抜け出して迫ってきたのは・・・バーディバーディ

トランセンドが完全に抜けて、あとは2頭の争いか、というところに
急激に迫ったのはフリオーソとダノンカモン!

壮絶な2着争いを制したのは地方の雄フリオーソ
中央のGⅠではこれまで2回が両方とも惨敗だっただけに
今回も危ぶむ声もありましたが、やはり力関係では完全に上位。
スムーズなレース運びではなくとも、さすがの地力を見せつけた
結果と言えそうです。

トランセンドは・・・まさしく完勝の内容。
自分のペースで行けたことが最も大きかったとは思いますが、
同型の馬を完全に振り落とした走りは風格十分。
GⅠ連勝でドバイに向かうことになりました。

秋にはエスポワールシチー相手に防衛戦でしょうか。
今から非常に楽しみです(^^)

レース後のコメント
1着 トランセンド 藤田伸二騎手
1800mと違って、1600mは気持ち短い距離ですから、先頭に立つまで
馬が少しビックリしていました。ずっとプレッシャーのかかる展開でしたし、
最後まで持つか心配でしたが、力をつけていますし、よく踏ん張ってくれました。
まだ遊び遊び走っている部分もある馬です。好位からの競馬など
今後の課題もありますが、可能性もあります。負けられない一戦でしたし、
勝ててよかったです


2着 フリオーソ M.デムーロ騎手
芝とダートの境目で気にして下がってしまって、その後内に入って
そこから外に出すロスがありました。その後も馬場の違いに戸惑って走っていて、
馬が目覚めたのは残り100mあたりでした。1600mはこの馬には短いですね


川島正行調教師のコメント
馬が滑るようなところがあったようです。今日は追い込むようなレースを
しましたし、これだけ走ったんですから、また中央のレースに挑戦したいと思います


3着 バーディバーディ 池江泰郎調教師
今日はデキもよく、調教も十分に積んで申し分ない状態でレースに臨めました。
直線で伸びてきたときは残り250mあたりで夢を見ました。
今日のようなレースができれば、これからも楽しみでしょう


池添謙一騎手のコメント
馬の状態もよく、理想的なレースができたのですが、
さあ追いつこうかというところでトランセンドが二枚腰を使って、
最後は脚色が一緒になってしまいました


4着 ダノンカモン U.リスポリ騎手
思った通りのレースができて、力は出していると思います。
ただ、ゴールのところで照明灯の光を見て、頭を上げるようなところがあったし、
これからよくなってくるでしょう


5着 マチカネニホンバレ A.クラストゥス騎手
前に行く馬について行こうと思っていました。一旦トランセンドを
交わしたんですが、そこから内のトランセンドがまた伸びて、そこで力尽きた形です。
今日はやれるだけのことはできたと思います


6着 クリールパッション 津村明秀騎手
休み明けとしては今までよりよく走っていると思います。この馬としては
芝スタートの部分で遅れることもあり、距離ももう少し長い方がいいですね


7着 ライブコンサート 福永祐一騎手
内枠で動くに動けず。それでもよく伸びてきています。GIでこれだけ走れば
ダートの適性も問題ないですね。これからレースの選択肢が増えると思います


8着 シルクメビウス 岩田康誠騎手
4コーナーまではリズムよく走っていたのですが、そこから伸びる脚が
思ったほどではなかったですね。
今日は馬も落ち着いていましたし、よくわかりません


14着 セイクリムズン 幸英明騎手
1600mなので前に行くことになるとは思っていましたが、
外から他の馬に来られてムキになって走っていました。距離はこのぐらいでも
大丈夫だと思っています。今日は負けすぎではありますが、
ムキになった分だと思います


16着 コスモファントム 松岡正海騎手
向正面で3回ぐらいトモを落とすような形になりました。
その後はフォームがバラバラでしたので、今日は力負けではないと思います


あとでまとめ直しますが、基本的には想定通りの結果になった印象。
先行きが楽しみになるGⅠとなったと思います♪

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

残念!!!

いつぞや流行った言葉のタイトルですいません(汗)
いや~今回フリオーソ応援してました
出遅れて万事休すかと思いましたがその後の素晴らしい豪脚...何も出来ず終わっていた3~4歳のJCDから本当に強くなったなぁ...としみじみしてしまいました(汗)
ただ最後方一気で届かせてくれる程トランセンドは弱い馬ではないので仕方ないですね
気は早いですが、帝王賞辺りで4強の決戦が見たいですねぇ...
今回のコメントえらい個人的ですいません(汗)

ザルカヴぁ~ | URL | 2011年02月21日(Mon)00:50 [EDIT]


>ザルカヴぁ~さん
今の活躍を観るとフリオーソの強さはわかって
いるだけに、もっと信頼すべきでした。

今回もある意味一番強いレースをしていましたね。
ダートのトップ!
次回は勢ぞろいの豪華レースを是非観てみたいものです♪

けん♂ | URL | 2011年02月21日(Mon)13:00 [EDIT]


 

トラックバック