けいけん豊富な毎日

フェブラリーS(まとめの前に雑感)  担【けん♂】

フェブラリーS(東京D1600m)をまとめる前に、ちょっと雑感。

JCDを制したトランセンドや、地方の雄フリオーソの参戦で
メンバーはある程度揃った印象ですが、絶対王者のエスポワールシチー
裏の帝王?スマートファルコンは不在。
昨年2着のテスタマッタも除外されて出れず、サクセスブロッケン、
カネヒキリ、ヴァーミリアン
といったダート界を牽引してきた
一流馬も引退してしまい、その意味では暫定王者決定戦みたいな
印象をもってしまいます(^^;

トランセンド、フリオーソは東京での勝利経験がなく、
コスモファントムのダートの実力はまだ未知数の部分が大きい感じ。
セイクリムズン、ダノンカモンは距離に不安がありそうですし、
シルクメビウスは脚質的に信用するのは怖い馬。
マチカネニホンバレ、オーロマイスター、バーディバーディなどは
ダートの王者というには成績が不安定でどうしても伏兵的なイメージが
抜けません。

うーん、なかなか悩ましいメンバーですね(>_<)

考察で出てきた内容をもう一度整理すると
・勝ち馬は4歳、5歳馬。6歳馬はヒモまで。
・7歳以上は一線級で活躍出来ている馬に限ってヒモまでの候補。
・実質斤量負担は12%オーバーが危険ゾーン。(475kg以上)
・1700m以上の距離実績が必要。
・勝ち切るには地方GⅠ勝ち、もしくは中央重賞勝ちが必須。
・8枠優位。勝ち馬は4~8枠の馬。(内枠で勝てるのは超実力馬)
・3枠、7枠は実績上では不振気味。
・4枠は好走率が高く、1枠は人気より好走?


こんな感じでしょうか。

考察内容から条件を満たす馬をピックアップしてみると・・・

勝つ可能性のある馬
・トランセンド
・シルクメビウス

ヒモ候補までなら可能性のある馬
・フリオーソ(7歳)
・マチカネニホンバレ(6歳)
・コスモファントム(内枠、ダート実績不足)
・オーロマイスター(6歳)
・ダイシンオレンジ(6歳)
・バーディバーディ(実績不足、体重微妙)

こんな感じでしょうか。
あとは距離実績の評価が難しいダノンカモンがヒモ候補に
入ってくるかどうか、というところ。

奇しくも不振気味な3、7枠にバーディバーディ、フリオーソが
入ってしまい、人気より好走がある1枠にオーロマイスターと
コスモファントム・・・意外に好走率が高い4枠にダノンカモンが
入りました。この辺りの枠順の影響も悩ましいですね。

優秀な8枠にはシルクメビウス・・・でも先行脚質ではないので
あまり意味がないかもしれません(爆)

おそらくは前半はそれほど速過ぎないペースになりそうですが、
中盤から締まった流れになり、最後は消耗戦。
スタミナのない馬は基本的に×かなと。

メンバーのレベルを考えて、少しハードルを下げて考えてみるべきか、
それとも厳密に過去の条件にこだわって絞り込んでみるか・・・

当日の体重の変動次第の馬もいるだけに、ややこしいですが
頭を整理しつつ、まとめに入りたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック