けいけん豊富な毎日

京都牝馬S(各馬分析3)  担【けん♂】

京都牝馬S(京都1600m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

プリンセスメモリー】牝4 53.0 (美浦) スウェプトオーヴァーボード×(バブルガムフェロー)
極端に馬格がなく、多少ハンデを貰っても他の馬に比べて
実質斤量負担は不利になってしまいます。
位置取りが後方になってしまう上に、馬格の関係で大きく外を回さざるを得ないため
前が止まらない展開だと手も足も出せません。末脚の能力はそれなりに
高い馬ですが、前に届くほどの力は・・・期待しにくいかも。

ベストロケーション】牝6 55.0 (美浦) クロフネ×(ノーザンテースト)
昨年はそれまで8戦連続で複勝圏を外さない好走をしてきた
余勢もあってか、スローペースを前で残って2着と好走。
ただし、その後の成績を見ても明らかに短距離向きで
余程消耗度が少ないレースでないとマイルは長い印象です。
このところ徐々に位置取りが後ろになってきており、
展開有利になる可能性も低そう。かなり太目になっているようなので
今回はマイナス体重が最低条件になりそうです。

ホーカーハリケーン】牝5 53.0 (栗東) ネオユニヴァース×(Leading Counsel)
昨年は芝で7戦して(3-2-2-0)と複勝圏を外さない好成績。
上位馬相手には勝ち切れない競馬になっているだけに
重賞クラスとは差がある印象ですが、力はつけてきている感じですね。
先行気味に行って伸び脚を使えるので展開がハマれば
粘り込む可能性もありそう。秋に馬体を減らして休養に入っているので
3ヶ月の間にどこまで立て直しているか気になるところ。
ポン駆けが利くかどうかも微妙です。

ヤマカツマリリン】牝7 54.0 (栗東) グラスワンダー×(Tejabo)
デビュー当時には2000mで3着もあり、スタミナがないわけでは
ないと思われますが、結果が出たのは距離を短縮してから。
好位、先行気味に行ける脚質なので、前残り気味の展開になれば
粘り込むことがありますが、上位馬相手では不足がありそうです。
距離延長で昨年のように超スローになれば穴として一考ですが
力勝負になるなら分が悪そう。

リビアーモ】牝6 55.0 (美浦) アドマイヤベガ×(サクラユタカオー)
末脚の爆発力ならメンバー中でも最上位クラスかも。
京都は初参戦になりますが、外回りコースで上手くハマれば
一発があるかもしれません。
これまでのところ重賞では何枚か足りない実績になっていますが
コース代わりがプラスに働けば面白い1頭に・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2011京都牝馬S サイン

京都牝馬Sサイン ・第25回 根岸ステークス(GIII) ・第46回 京都牝馬ステークス(GIII) ・第16回 シルクロードステークス(GIII) ・2011重賞レースのサイン予想 2001年 不発 2002...
[続きを読む]

穴場の風景 | 2011年01月26日(Wed) 01:32