けいけん豊富な毎日

京都牝馬S(各馬分析2)  担【けん♂】

京都牝馬S(京都1600m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ショウリュウムーン】牝4 53.0 (栗東) キングカメハメハ×(ダンスインザダーク)
3歳春頃の豪快な走りが完全に影を潜めている感じ。
昨秋の復帰時も馬体自体は力強さを増したように見えましたが
中身が伴っていなかったのか、前で伸びず、後方から届かずという
競馬が続いてしまっています。異常に飛びが大きい馬だっただけに
外を回してしっかり伸びれば、条件としては最適なので
一発の魅力はありますが、京都金杯に内容からは復活はまだ先かも・・・。

ジュエルオブナイル】牝4 53.0 (栗東) デュランダル×(Last Tycoon)
小倉2歳S以来、勝ち星から遠ざかっています。
京都では内回りコースながら3着が2回と適性自体はありそうですが
ハンデを大きくもらってもまったく好走できていない近走の内容からは
期待はしにくい状況。血統的にも距離延長は不安材料だと思われます。

ストリートスタイル】牝6 54.0 (栗東) アドマイヤベガ×(Cozzene)
元々はマイル周辺を走っていた馬ですが昨春から短距離中心に
使われてまったく結果が出せず・・・。ペースについて行けないので
短距離だと後方に置かれてしまうのが厳しい感じです。
距離を戻すことはプラスに働きそうですが、よほど脚をためないと
伸びないタイプのようなので、上位馬相手に偏った走りで
好走出来るほどの実力があるかは疑問。

ヒカルアマランサス】牝5 54.0 (栗東) アグネスタキオン×(A.P. Indy)
昨年は外伸びの馬場の恩恵を最大限に活かして後方一気でこのレースを
制しました。平坦コースでのキレ味が武器の馬ではありますが、
本来は好位から脚が使えるのが魅力。近走で後方からの競馬に
なってしまっているのが気になるところです。
今回はリスポリ騎手が騎乗予定、位置取りが非常に上手い騎手という
印象なだけに、持ち味を最大限に発揮出来れば勝ち負けになりそうです。

ブロードストリート】牝5 55.0 (栗東) アグネスタキオン×(Cozzene)
ブエナビスタ、レッドディザイアと並ぶ活躍をしていたものの、
もう一つ何かが足りない成績になってしまっています。
ヴィクトリアマイルでも府中牝馬Sでもそれなりに脚を使っており、
上位馬との差は僅か・・・着順のイメージほどは負けていないだけに
タイミング次第で深津の可能性は十分にありそうです。
ただし、最後に微妙に足りないのも勝負弱さを意味しているわけで
過剰な期待はしにくいかもしれません。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック