けいけん豊富な毎日

京都牝馬S(各馬分析1)  担【けん♂】

京都牝馬S(京都1600m)出走予定馬について見ていきたいと思います。

アグネスワルツ】牝4 53.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(ヘクタープロテクター)
締まったペースで淡々と逃げる馬でしたが、ローズS、秋華賞と
失速したことを踏まえてか、前走は超スローで逃げ粘って2着。
年末の中山で32秒台の末脚が出ている点からもかなり異常なレースだった
ことがわかります。それでも最後は脚が微妙に鈍っているだけに
まだ本調子とは言えない印象。後傾ラップになったとしても
競い合いで粘れるかどうか・・・。
本来は京都が血統的にも合うだけに状態にも注意。

アプリコットフィズ】牝4 55.0 (美浦) ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)
秋華賞では前が崩れる中、好位で残ったのはこの馬だけ・・・
3着とはいえ強い内容だと評価して良さそうです。
馬格が極端になく、今後重賞戦線で戦っていくには斤量面で不利が
ありそうですが、スローで消耗度が低いレースになれば能力では
世代上位クラス。今回は安藤勝騎手がテン乗りになりますが、
京都で先行させたら上手い騎手だけに同型の馬次第で上位争いになりそう。

グランプリエンゼル】牝5 54.0 (栗東) アグネスデジタル×(サンデーサイレンス)
NHKマイル3着がありますが、基本的には短距離中心の成績。
平坦小回りに特化した実績になっており、外回りコースは微妙かも。
このところは後方からの脚質になってきているため、
届いても掲示板くらいまで・・・という感じになっています。
馬格不足ながら増量して太目だった前々走から少し絞って
状態自体は上向きになっていそうですが、距離延長への不安も
含めて期待するのは厳しいかも。

ケイアイデイジー】牝4 53.0 (栗東) クロフネ×(ウォーニング)
1200m~1400mで使われてきており、1600mは未経験。
母系を見ても距離延長は・・・微妙かもしれません。
小回り、内回り経験しかない点も不安だと思われます。
昨年のベストロケーションの例もあるので一概に×とは言えませんが
推せる材料に欠ける印象です。

コスモネモシン】牝4 53.0 (美浦) ゼンノロブロイ×(Singspiel)
急坂に非常に強い脚質を活かして中山で好成績をあげていますが
他ではイマイチ・・・。中段、好位から追い上げようにも
微妙に反応が鈍い印象で、仕掛け遅れ気味になる点で前が止まりにくい
平坦コースは合わない感じがあります。
血統的には外回りコースはプラスになりそうですが・・・

サングレアズール】牝4 53.0 (美浦) クロフネ×(Nabeel Dancer)
ダートのマイル周辺で結果が出せずに距離短縮。
1200m~1400mで芝ダート兼用の活躍をしていますが
再び距離を戻すのは微妙かも。先行気味に行って粘りこむタイプで
前半をスローでまとめられればそれなりに渋とさを発揮しますが
上位馬相手に脚比べになってしまうと・・・不足がありそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック