けいけん豊富な毎日

種牡馬データ(ネオユニヴァース:再)  担【けん♂】

種牡馬デビュー以来、2年連続でクラシック勝ち馬を出している
ネオユニヴァース
正直言って・・・ここまでの活躍は意外でした(^^;

ネオユニヴァース産駒については一度種牡馬データとして
まとめているんですが、当時はまだ古馬のデータが入っておらず、
数字の信頼度が微妙でしたので、ここで一旦まとめ直しておきたいと思います。

データに関しては以前と同様、
・支持率 3番人気以内に支持された率
・達成率 3番人気以内に支持された馬が3着以内にくる率(信頼度)
・穴馬率 4番人気以下の馬が3着以内にくる率(激走度)
・総合  人気に関係ない全体の複勝率


という形で見てみました。
新潟、京都、阪神を外回り、内回りに分けたことと斤量別のデータ
作ったことが大きな変更点となります。

競馬場別複勝率
ネオユニヴァース1

とにかく人気薄の激走が少ないタイプ。
基本的に見た目どおりの実力という感じでしょうか(^^;

得意にしているのは京都外回り、内回り、中山、阪神内回り
中山と阪神内回りは構造が微妙に似ているので
この2つのコースが得意なのは納得です。
微妙なのは・・・京都が得意であることでしょうか。
まるで違う素質が必要とされる気がするんですが・・・(>_<)

直線が長いコース、という面では東京の成績は悪くないものの
新潟、阪神外回りの成績が非常に低いのが気になるところ。
本質的には長い直線を得意とするタイプではなさそうです
牡馬に比べて牝馬に活躍馬が出ていないのも阪神外回りの成績が
悪いこととつながりがありそうです。

小倉の成績が悪いのは純粋に支持率自体が低いことが影響していると
考えられます。出来不出来の差が大きい点と小倉の短距離デビューの馬が
非常に不振であることが大きそうですね。

距離別複勝率
ネオユニヴァース2

極端に2000m周辺に偏った成績。
それ以外の距離では人気をしてもまったく信用出来ません(爆)
特に短距離は・・・相変わらず酷いです(>_<)

かといってスタミナ寄りの血統かというとそういうわけでもなく・・・
2000mを超えてしまうとまた成績悪化。

うーん、スピードがない上にスタミナも不足気味?(爆)
トータルバランス勝負、という感じなのかもしれません。

天候別複勝率
ネオユニヴァース3

数字の上では良馬場の方が微妙に成績が良いですが、
ほとんど差のない数字になっているだけに、湿った馬場は
それほど苦手ではないようです。
プラスに作用するわけではないですが、大きな低減ではない
考えて良さそうかと。

斤量別複勝率
ネオユニヴァース4

斤量ハンデをもらっても効果なし(爆)
産駒の出来不出来が激しいタイプのようで、ダメな馬は極端にダメ、
という感じだと考えられます。

逆に重い斤量に関してはそれほどマイナスではない様子。
ただし、信頼度はグッと下がるので斤量に強いタイプとは
言えないと思われます。

まとめ
・中山、阪神内回り、京都が得意コース。
・本質的には長い直線が苦手。
・出来不出来の差が激しく、人気薄の馬には期待しにくい。
・短距離は超苦手、スタミナも微妙に不足。
・2000m周辺でのみ狙える血統・・・
・湿った馬場はプラスではないけれど大きなマイナスでもない。
・斤量ハンデをもらっても好走があるわけではない。


★ネオユニヴァース産駒とは・・・
スピードもスタミナも中途半端なミスター中距離。
意外性がなく面白みに欠ける真面目っ子

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

僕も一番扱いに困ってる種牡馬ですw
掴み所が無いというか、消すのも信頼するのも怖い馬が多い気がします^^;

し | URL | 2011年01月20日(Thu)02:51 [EDIT]


>しさん
いやーまったくですね(笑)

当初はかなりスタミナ寄りの種牡馬かと
思いましたが、長距離はダメという
非常に微妙な傾向が出ています。

強いんだか、弱いんだか・・・
ヴィクトワールピサ以外が微妙な成績なのも
悩ましいですね・・・

けん♂ | URL | 2011年01月20日(Thu)05:40 [EDIT]


 

トラックバック