けいけん豊富な毎日

天皇賞秋回顧(次元の違い)  担【けん♂】

台風は過ぎたものの、カラッと天気が回復したわけではなく
曇り空の下、天皇賞秋(東京2000m)が行われました。

重馬場で始まった日曜日の東京競馬場でしたが、午後には稍重まで回復
Bコースに代わって芝の状態が良いこともあってか、
午前中の重馬場の中でも33秒台を使う馬が出るほどの高速馬場状態
なっていました。
うーん、こうなると重馬場適性はあまり関係ない感じですね。

予想は→ココ

結果は・・・

1着×ブエナビスタ   1.58.2  上がり34.1
2着 ペルーサ       2馬身
3着◎アーネストリー
4着▲オウケンサクラ

16◎ショウワモダン
17△エイシンアポロン

※全着順は→ココ

スタート良く飛び出したのはオウケンサクラ、今回は▲12kg
しっかり絞れており、本来の能力が出せる出来だったと思われます。
外からかわしてシルポートが想定どおりハナを奪って行く展開。

ゲート練習を積んできたペルーサですが、今回も微妙に出遅れ
集団の後方につけるレースとなりました。

3番手にキャプテントゥーレ、その後ろにアーネストリー、コスモファントム。
中段外にヤマニンキングリー、アリゼオが押し上げて、内にエイシンアポロン。
ブエナビスタも中段の内に控え、その後ろにシンゲン、ネヴァブション。

前につけて内を狙う事を期待したショウワモダンは・・・後方集団。
ジャガーメイル、トウショウシロッコ、スーパーホーネットも
後方からの競馬になりました。
出遅れたペルーサが後方2番手、最後方は武豊騎手のアクシオンという隊列。

12.4-11.3-11.6-12.2-12.0-12.2-11.7-11.3-11.9
前半1000m 59.1
後半1000m 59.1

前半のペースは想定したより微妙に速め。毎日王冠の1000m通過が
58.9でしたので、距離延長でもほとんどペースを変えていません。
GⅠということで酒井騎手も積極的に引っ張った感じでしょうか。

ただ、スタートから押して行ったこともあって消耗も早かったようで
3コーナーからのペースはグッと緩み、いつもどおり4コーナー出口まで
脚をためる
ようなペース配分。今回は直線入り口からも加速がほとんど
出来ていません


直線先頭はシルポートでしたが、すぐに内を突いた馬群に飲まれてしまいます。
少しゴチャッとした内の集団と、外を回して馬場中央付近に出した集団と
馬群が2つに分かれたその間に・・・ブエナビスタ

内にこだわらず、スッと微妙に外に出して冷静に間が空くところを狙っていた
スミヨン騎手の見事な展開読みには痺れました(^^)g

モーゼの十戒のようにブエナビスタの前に進路が開き、
あとは真っ直ぐ追い出すだけ・・・あっという間に馬群を抜けて
1頭だけ次元の違いを見せつけるような大圧勝

うーん、馬群に包まれる危険性を考えて評価を下げましたが
さすが世界の名手、焦って無理な騎乗をするようなことはありませんでした。
ワンテンポ遅らせても十分に抜け出せる力があることを理解した
完璧な騎乗だったと思います。

馬場が湿ったことで内伸びの馬場になると考えていましたが、
今回は午前中から内ラチ沿いではなく、少し空けて2、3頭分外辺り
良く伸びていた印象。
ブエナビスタが通ったラインも非常に良い状態だったと思います。

逆に内を狙った馬の脚はストップ気味。
能力の面ももちろんありますが、想定外に脚が止まった感じがありました。
アーネストリー、オウケンサクラが踏ん張りましたが、
キャプテントゥーレなどは極端に脚が止まって失速・・・

後方から外を回して抜けるコースを探したペルーサ
馬場中央外辺りから一気に強襲をかけますが・・・時すでに遅し。
それでも最速の上がりで2着まで飛び込んだのはさすがだと思います。
能力はやはり抜群ですね。
スムーズなレース運びが出来ない難点はあるにしても
今後2000m以上のレースになれば十分に好走が期待出来そうです。
・・・ただ近年のように好位辺りから先に伸び脚を使えるスタイルの馬とは
噛み合わないかも。今後も2、3着が増えそうな印象です。

レース後のコメント

1着 ブエナビスタ C.スミヨン騎手
「はじめは後ろでしたが、2000mのレースはスローになることが多いので、
早めに動いていきました。残り500mあたりから仕掛けていきましたが、
今日の内容はよかったと思います。次も楽しみです」


2着 ペルーサ 安藤勝己騎手
「頭のいい馬で、ケイコではやらないのにレースではふざけて出遅れるようです。
あれだけの脚を使うんですから、能力は間違いなくあるのですが……」


藤沢和雄調教師のコメント
「出遅れも前回よりはよかったと思いますが、力があるのにもったいないですね。
オーナーと相談して、JCにいくか、一息入れるか決めます」


3着 アーネストリー 佐藤哲三騎手
「東京の2000mではトップスタートから出して行って折り合うのは難しいです。
向正面でのことを考えると、あれ以上は前に行けません。
直線でもしっかりと走っていますが、あんなところから勝ち馬に抜かされるとは
思いませんでした。もうワンパンチですね。
コーナーをもう一回まわる中山の方がレースはしやすいと思います」


佐々木晶三調教師のコメント
「ブエナビスタを逆転できるのはここだと思っていましたから、目一杯に仕上げました。
それだけにこの結果はショックです。次は有馬記念に向かう予定です」


4着 オウケンサクラ 北村宏司騎手
「返し馬の感触がよかったですね。スタートもよく、前々で上手に競馬ができました。
でも、勝ち馬には一瞬で離されました。それでも、2番手以下とはきわどいですから、
やはり力はあります。3歳牝馬としては頑張っている方だと思います」


5着 ネヴァブション 後藤浩輝騎手
「乗るたびに馬の調子が上がっていますし、この馬場も合っていて、
よく頑張っています。枠なりのレースをしましたが、この枠では厳しいですね。
枠の運もありますね」


6着 シンゲン 藤田伸二騎手
「1コーナーで前をカットされたり、直線では他馬と接触して馬が気負ってしまい、
力を出し切れませんでした。残念です」


8着 スマイルジャック 三浦皇成騎手
「4コーナーまでは安田記念と同じイメージで乗れましたが、
直線で勝ち馬に一瞬にして行かれてしまい、行き場をなくしてしまいました。
でも、マイルCSに向けていいイメージを持てました。次は弾けてくれるでしょう」


14着 アリゼオ 福永祐一騎手
「スタートが速くないし、外枠はこたえました。それでもムキにならず、
レースをしてくれました」


現段階ではブエナビスタは完全に1強状態かもしれませんね。
ちょっと次元の違いを感じさせる内容でした。
ウオッカやダイワスカーレットとの対戦を観てみたかったなぁ・・・

個人的に期待したオウケンサクラは惜しい4着。
この馬を基準に考えると今年の3歳牝馬の上位組も期待出来そうです。
この馬に完勝し続けているアパパネは次代のエース候補として
活躍が楽しみです(^^)

ペルーサの能力もやはり尋常ではないと思います。
出遅れ癖は別にして正統派の強い馬として評価したいところ。
もう少しスムーズに折り合って位置を取れるようになれば
ブエナビスタ相手でももっと惜しい競馬が出来るようになるかもしれません。
カシオペアSでトゥザグローリーがナムラクレセントなどを破って
勝っていますし、今年の3歳牡馬世代も先行きが明るそうですね(^^)

終わってみれば例年の傾向どおり、若い馬が上位を完全に独占
最も好成績をおさめている4歳馬がブエナビスタ1頭だけなので
この結果はある意味当然の帰結だったのかもしれませんね(^^;
来年以降もこのポイントはしっかり押さえて考えておきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつもありがとうございます。毎日楽しく拝見してます。

ブエナビスタが早めにアーネストリーを捕まえに行って、
決め手の馬に差されると予想したのですが(:_;)

強すぎるブエナにライバルが出て来ればもっと面白くなりますよね。
体調万全のディザイアとの勝負をもう一度見たいものです。

ハシルヨミテテ | URL | 2010年10月31日(Sun)22:28 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2010年10月31日(Sun)23:57 [EDIT]


>ハシルヨミテテさん
ありがとうございます(^^)

このくらいメンバーが揃うと展開を
考えるのが楽しいですね。
直線のどの位置に勝負どころがくるのか、
おっしゃるとおりの展開も十分にありそうに
思えます。

レッドディザイアがBCを勝ってくれたりしたら
凱旋しての対戦が楽しみですね♪
他の馬も奮起を期待したいものです。

けん♂ | URL | 2010年11月01日(Mon)02:35 [EDIT]


レース終わって

ブエナビスタ圧勝でしたね。
しかし今年の3歳馬の勢いは大変嬉しい限りです。

エイシンフラッシュ、ヴィクトワールピサは実力で勝ち取ったG1タイトルだと思いますし、ローズキングダムは私の予想を上回るパフォーマンスを披露しますし、ダノンシャンティ、ルーラシップ…と復活した際は、おそらく今の古馬であれば完勝すると思います。

それにしても、またまたネヴァブションは掲示板確保。今季の安定ぶりは有馬記念での波乱役を感じさせます。

※今週は、凱旋門ジョッキーでした。

タカジョー | URL | 2010年11月01日(Mon)13:01 [EDIT]


>タカジョーさん
古馬の中距離戦線の層が薄くなってきているだけに
3歳馬の健闘はうれしかったですね(^^)

このまま世代交代に向けて突っ走って
もらいたいものです。

凱旋門ジョッキー!
まさしくこの秋のキーワードになってきましたね~
今週からも密かに注目です♪

けん♂ | URL | 2010年11月01日(Mon)14:37 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今週は稼ぐぞ!先週の結果&レース回顧 スワンS・天皇賞秋W的中♪

スワンS【×○-】複勝・ワイド的中♪ 天皇賞・秋【◎×○】3連複的中♪ スワンSはマルカフェニックスが重賞2勝目! 絶好調福永騎手は、10月4重賞制覇だぁ~♪ 天皇賞・秋は、ブエナビスタが史上初の父・娘制覇! G1戦5勝目で、稀代の名牝へ大きく前進だぁ?...
[続きを読む]

わがまま♪新馬券生活!! | 2010年11月01日(Mon) 10:04