けいけん豊富な毎日

天皇賞秋(各馬分析1)   担【けん♂】

天皇賞秋(東京2000m)出走予定馬について見ていきたいと思います。
ローテーション的に出走が微妙な馬も多いので、最終的なメンバーが
決まったら改めて見直してみる予定。

アクシオン】牡7 (美浦) サンデーサイレンス×(Dixieland Band)
この秋の復帰戦の札幌記念では上位馬に離されながらも3着に入線。
まだまだ力があるところを示しました。
中段から押し上げて好位から良い脚を使える能力馬で、長い直線も
こなせる馬ですが、東京では3戦して重馬場での1勝があるだけ。
復帰直後だったこともあって実力を出せていなかったとは思いますが
上位馬相手にどこまでやれるか・・・

アリゼオ】牡3 (美浦) シンボリクリスエス×(フジキセキ)
クラシックでは結果を出せませんでしたが、前走の毎日王冠では
ポッカリと空いた内を抜け出して古馬相手に勝利。
内外の馬場差や、展開の綾があったにしろ、3歳馬でこのレースを
勝てたというのは歴史的な出来事として評価出来そうです。
減っていた馬体も完全に戻り、今回は叩いてさらに充実してきそう。
力勝負でどこまでやれるか楽しみです。

アーネストリー】牡5 (栗東) グラスワンダー×(トニービン)
徐々に成長して昨秋に一変。昨秋からの重賞成績は(3-1-1-0)と
素晴らしい安定感を見せています。前で競馬が出来るので
内回り、小回りコースの方が安定感がありますが、
アルゼンチン共和国杯でも2着に入っていますので東京適性にも
期待出来そうです。突然ポカがある血統だけに怖い面もありますが、
前での競い合いに持ち込めば勝機も十分。

エイシンアポロン】牡3 (栗東) Giant’s Causeway×(Sadler’s Wells)
毎日王冠ではそれほど良化して見えなかったものの、しっかりと
前で伸びて2着と好走。上手く内を通れたことと重馬場適性が
活きた印象はあるものの、能力の高さを見せたと思います。
ジャイアンツコーズウェイ産駒は東京でも好走があるものの、
基本的にマイル中心に活躍を見せているので、距離延長はマイナス材料に
なってきそうです。雨が降るようなら上昇度で対抗出来るかも。

オウケンサクラ】牝3 (栗東) バゴ×(リアルシャダイ)
出走するなら中1週になります。この秋は充実した馬体に
なってきているものの、前に行って失速続き。
微妙に重かったローズSから秋華賞でさらに+10kgというのは
調整面で失敗があった感じです。今回は大きく絞れることが大前提。
輸送に弱い馬ではないですが、それでも短期間で厳しいレースが
続く消耗は先を考えるとあまり良くないと思われます。
無理に出てきても牡馬の上位馬相手では・・・

キャプテントゥーレ】牡5 (栗東) アグネスタキオン×(トニービン)
朝日CCを連覇。皐月賞を含めて2000mの重賞を3勝と距離適性的に
ちょうどいいのかもしれませんね。
かなり長く速い脚を使って逃げており、このところの充実度は
非常に高そうです。東京でも直線手前から突き放すような競馬が
出来れば勝機も十分にありそう・・・。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック