けいけん豊富な毎日

菊花賞(血統別距離適性分析)  担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)出走予定馬の血統的な距離適性について
ふれておきたいと思います。

3000m級のレース自体、メニューが少なく当該距離への出走回数は
どの種牡馬も数が少なく、データとして用を成しません。

ということで、ひとまず2200m以上のレースの複勝率について
全体の複勝率と比較してみました。

種牡馬別複勝率比較
菊花賞血統別距離適性
※ミスキャストはデータなし

高い上昇度を示しているのはモンジュー、グラスワンダー
モンジュー産駒はマイル周辺辺りまではほとんど良績がなく(爆)
中距離以上でないと話になりません(^^;
グラスワンダー産駒はスピードのある馬も多いですが、かなり距離の融通が
利くタイプのようです。成績自体は距離が伸びれば伸びるほど上昇傾向が
出ているので、いずれステイヤー路線での活躍馬が出ても不思議はありません。

新種牡馬ゼンノロブロイは全体的に非常に高い複勝率となっていますが
距離延長でも上昇傾向。うーん、期待以上の活躍と言って良さそうですね。
今後のSS系種牡馬の中でも中心になってくるかも。

チーフベアハートは基本的に中距離が良い印象でしたが、このところ
スタミナ血統の傾向が出始めている印象。
マイネルキッツの活躍がきっかけになっている感じでしょうか。

初年度は短距離傾向が見えていたキングカメハメハ産駒
2年目に入ってガラリと変化。
中距離以上の成績も非常に優秀であるということがわかってきました。
2600m以上のレースへの出走は今回が初めてになりますので
今後を占う一戦になるかもしれません。

同じキングマンボ系のキングズベスト産駒は出走回数が少な過ぎて
データとしては微妙です。
2000m周辺の成績が非常に優秀、距離延長については
これからデータが増えてから見直した方がいいかと。

同じくバゴもまだデータ不足。
欧州スタミナ血統というイメージでしたが、現状ではマイル周辺の方が良績。
うーん、ちょっと認識を変えた方がいいかもしれませんね。

マンハッタンカフェは距離が伸びた方が優秀、という傾向が出ていましたが
このところスピードのある馬が増えてきたことで、ちょっと感じが変わって
きたようです。
距離延長が悪いわけではありませんが、ダンスインザダークのような
ステイヤー血統ではないと思われます。

ネオユニヴァースは・・・相変らず短距離が×なのでスタミナ血統っぽい
印象がありますが、現状では距離延長が良いわけでもありません。
単純にスピードが足りない中距離型?ちょっと先行きが怪しい
気がしてきました(>_<)

ファルブラヴ産駒は距離延長がはっきりマイナス。

アグネスタキオン産駒も2000m周辺を境に成績はグッと
低下してしまっています。2600m以上のレースはこれまで
10走して3着以内ゼロという成績だけに、菊花賞では狙いにくいと
思われます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

毎年難解

いつも楽しみに読ませていただいています。
ここに来て、エイシンが回避とさらに難解になりましたね。
ダンスも今年はいないですし、久しぶりにリアルシャダイの血が…と思うのはボクだけでしょうか…(古い)
個人的には、エイシンは最大のお客さんだと思っていただけに馬券的にも残念です…。

カップ犬 | URL | 2010年10月21日(Thu)11:40 [EDIT]


>カップ犬さん
エイシンフラッシュの回避には驚きました。
うーん、おっしゃるとおり急激に
難解になりましたね。

リアルシャダイの血に注目、というのも
ありだと思います。
こういう混戦こそ血統の力が影響しそうですよね。

うーん、オッズも割れそうだなぁ・・・

けん♂ | URL | 2010年10月22日(Fri)00:24 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2010菊花賞サイン4

トラコミュ 2010年重賞レースのサイン読み予想 第71回 菊花賞(GI) ※皐月賞好走馬番の隣りゲートに注目 2000年 皐月 16 3 1...
[続きを読む]

穴場の風景 | 2010年10月21日(Thu) 23:11