けいけん豊富な毎日

秋華賞を終えて(来年に向けての覚え書き)  担【けん♂】

一週間、頭の中であーでもない、こーでもないと迷い続けた
秋華賞(京都2000m)が終わりました。

結果はアパパネの4冠達成、2、3着にも実力実績馬が入り、
ある意味順当な結果に終わったという印象です。

まぁパッと見、有力馬が多く混戦模様に思えたものの、アパパネは
その中で2冠(阪神JFを含めて3冠)を達成していたわけで
明らかに力量は抜けて上位、と考えるべきだったと思います。
ブエナビスタやウオッカ、ダイワスカーレットのような
強烈な印象がないだけに、足元を掬われそうな気がしましたが
条件の違う桜花賞、オークスを制しているということで
もっと信用して良かったなぁと反省。
これから先、古馬とどういうレースをしていくのか非常に楽しみです。

ひとまず、ざっと来年に向けての覚え書きということで
レースのポイントになりそうなことを書き留めておきたいと思います。

まずは騎手について
週の後半に騎手の秋華賞実績について考察をしましたが、
明らかにリピーターが多いのがこのレースの特徴です。
今回も蛯名騎手(1着)、武豊騎手(3着)が過去の実績どおり好走。
2着の後藤騎手は過去に実績はなかったものの、近年に関西の競馬場を
攻略し始めている好調な騎手。実力的には申し分なかったわけで
まずはザクッと大きくこの条件で絞ることは可能だと思われます。
後藤騎手はこの経験を糧に来年以降も要注目騎手になってきそうですね。

ちなみに4着の池添騎手も実績があった注目騎手で、今年好調な騎手。
5着の幸騎手は過去に単発ですがこのレースを勝った経験がある騎手でした。

関西初輸送の馬は割引
サンテミリオンのまさかの大凡走は休養明けや乗り代わりなど
複合的な要因があったと思いますが、輸送のダメージもあったと思われます。
休養明けの初輸送、というのはかなりの鬼門。注意したいところかと。

ディアアレトゥーサは6着と頑張っていますが、増え続けていた馬体を
輸送に備えてさらに増やしていたわけで、万全の出来ではなかったと
考えられます。こういう面でも調整の難しさを感じます。

あとは末脚の能力
今年の場合は、安定して極端に速い末脚を使っていた馬がおらず、
33秒台の末脚を使った経験のある馬が5頭しかいませんでした。
で、そのうちの3頭で1、2、4着を占めているわけで
微妙な末脚勝負だったからこそ、この点はもっと重視すべき
だったのかもしれません。(3着は先行脚質の馬)

年によって出走馬の世代的な個性?は違ってくると思いますので
今年のような脚比べが微妙な年には意識してみたい条件になりそうです。

あとは・・・調子でしょうか。
クラシック勝ち馬のアパパネは別にして、2~8着までは前走で
勝ち負けになっていた馬
で占められています。
前哨戦で意味不明の凡走をしてしまった馬は急な復活が難しい、
と考えておくのは重要かもしれません。

まぁ過去にはブラックエンブレムのように極端に苦手な重馬場で
凡走したあとにいきなり好走ということもあるので
馬場状態などの変化も重要視すべきだと思います。

血統面では・・・ノーザンダンサーの血統に注意。
アパパネ、アニメイトバイオはどちらも母系がノーザンダンサー
過去の好走条件に当てはまっている馬でした。
4着のワイルドラズベリーも父系がノーザンダンサー
秋華賞で注目すべき血統として来年以降も意識したいところですね。

今回3着に入ったアプリコットフィズはトールポピーの呪縛
振り払った感じでしょうか(^^;
ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)という血統は
かなり京都適性が高いと考えられますので今後も要注意かと。

もちろん、過去の傾向はあくまで過去のもの。
縛られ過ぎてもいけないわけですが、来年以降の考察に
役立てていきたいと思います。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2010年10月18日(Mon)01:49 [EDIT]


 

トラックバック