けいけん豊富な毎日

菊花賞の考察を始める前に   担【けん♂】

過去の菊花賞に出走したクラシック上位馬一覧
菊花賞出走レベル

春の上位馬が全て出走している年は
★06年 メイショウサムソンの3冠挑戦
★99年 テイエムオペラオー、ナリタトップロード、アドマイヤベガの3強対決
★98年 スペシャルウィーク、セイウンスカイ、キングヘイローの3強激突


うーん、なんというか格上の馬がはっきりと強い世代・・という印象。
名前を見ただけでもワクワクしてきます(^^)g

2頭しか上位馬が出なかった02年はヒシミラクルが10番人気の低評価を覆して戴冠、
2着のファストタテヤマも16番人気と大荒れになっています。
1番人気だったノーリーズンが競争中止になったのも大荒れの原因でした。

08年は02年と同様のメンバー構成。
というか・・・近10年で最低レベル(失礼^^;)だった印象。
上がり馬のオウケンブルースリが制し、2、3着も重賞未勝利馬が
飛び込んで大荒れ模様となりました。

皐月賞、ダービーの勝ち馬が両方出ていない年というと・・04年。
デルタブルースが1000万下を勝ちあがったばかりで戴冠、
キングカメハメハのリタイアでかなりレベルの低いレースになった感じでした。
この年も低評価の馬3頭で決まってかなり荒れ模様となりました。

この04年の勝ち馬のデルタブルースがここ11年で唯一500kg以上の
馬体重で菊花賞を勝ち取った馬
となっています。
そう考えると、かなり例外的な年とも言えそうですね。

昨年はダービー馬ロジユニヴァースの名前こそありませんが
クラシック上位馬が5頭とも出走・・・
しかし、前哨戦の神戸新聞杯を上がり馬のイコピコが制しており、
力関係が混沌としてきていた印象です。
ダービーが不良馬場でのレースだったことで実力的な評価が
難しかった、ということも大きかったと思います。
結局クラシック上位馬をなぎ倒して上がり馬2頭で決着。

同様に5頭が出走した05年はディープインパクトが3冠達成。
皐月賞3着のアドマイヤジャパンが巻き返し、3着にはクラシックで
負けてはいるものの、それまで完全連対をしており
上位人気馬だったローゼンクロイツが入っています。

03年はダービー3着のザッツザプレンティが神戸新聞杯の5着から復活。
2着のリンカーンはダービーで大敗しましたがそれまで完全連対。
3着には2冠馬ネオユニヴァースとなっています。

クラシック上位馬がそのまま、という感じではありませんが
春の実績馬が強い傾向が出ている、と考えて良さそうですね。
クラシックで結果を出していなくてもその前が安定した成績だったり、
クラシック路線を歩もうとしていた馬が秋に調子を上げてきていたら要注意

今年はヴィクトワールピサが欧州遠征で不在。
ペルーサも毎日王冠に出走し、ここには登録してきていません。
一応ヴィクトワールピサ以外の上位馬は全て出走してきている、
という点ではレベル的に高いものになりそうですが、
今年のダービーは史上稀に見るほどのスローの上がり勝負・・・
上位馬をそのまま評価して良いかはかなり微妙かもしれません。
神戸新聞杯までダービーに似たようなペース展開になっているだけに
各馬の評価は慎重に考えた方が良さそうです。

基本的にはクラシック上位馬の出走が少ないと大荒れ、力関係がはっきり
していると堅い決着、となる印象ですが、今年はどちらに転ぶのか
考察を始めていきたいと思います(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

JRA的にはローズとエイシンをライバルにして盛り上げたいのでしょうかね?^^;
今年の菊花賞、僕はビートブラックの複勝1点勝負と決めてますw

し | URL | 2010年10月18日(Mon)16:47 [EDIT]


>しさん
たしかにヴィクトワールピサやペルーサといった
上位実力馬がいない菊花賞だけに、ダービーの
1、2着馬のライバル関係にマスコミの注目が
集まりそうです。
逆に他の馬はマークが薄くなってオッズは
面白くなるかもしれませんね(^^;

ビートブラック!抽選を通るといいですね(^^)
っていうか渋い狙い目!\(◎o◎)/!

けん♂ | URL | 2010年10月19日(Tue)04:01 [EDIT]


 

トラックバック