けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪速の逃拳?亀田興毅・・・      担【けん♂】

最近何かと話題の亀田3兄弟
ボクシング界の盛り上げ役としてバラエティーなどにも
出演して人気も大沸騰中!

長男の亀田興毅選手は11戦11勝という華々しい戦績。
次は世界戦!と期待されているところですが・・・

興毅転級いきなりWBAライトフライ世界ランク2位

 プロボクシング“浪速の闘拳”亀田興毅(19)=協栄=が13日、
WBA(本部ベネズエラ・マラカイ)が発表した最新の世界ランキングで
ライトフライ級(48・9キロ以下)2位にランクされた。
これまでのフライ級(50・8キロ以下)4位から1階級下のライトフライ級へ
正式に転級したことで今夏に計画する世界戦がWBAライトフライ級王座への
挑戦になることが濃厚になった。

 ライトフライ級への転級は所属する協栄ジムがWBAへ申請し承認。
WBA本部はこの日、決定した最新のランキングで11戦全勝の戦績と
フライ級4位の実績を考慮し、いきなり自身最高位となる2位にランクされた。
同級王者ロベルト・バスケス(22)=パナマ=は20日に
ノエル・アランブレット(31)=ベネズエラ=と防衛戦を行うだけに、
その後の動向に注目が集まる。

※ソース→ココ スポーツ報知

う~ん・・不可解(-_-;)
これまで現フライ級の世界王者ポンサクレックを散々挑発しておいて
当の本人から指名されたら階級を落として逃げに回った、
と見られても仕方がないところ・・?

【これまでの経緯】(2ちゃんねるより)
亀田「(スパーで)ボコボコにしてやった。
   ポンサクレックなら今でも勝つ自信がある
」 →ココ
ポンサク「次は亀田とやる」→ココ
亀田「(1階級下の)ライトフライで世界取りや!! 」→ココ

ポンサクレックというチャンピオンは連続防衛記録を14まで
伸ばしている強豪。ただ・・割と弱い相手とホーム(タイ)でしか
試合をしない、とも言われています。
勝負しても面白そうなんですけどね(^^;

ちなみに転級先のライトフライ級ですが

WBAライトフライ級王者ロベルト・バスケス(パナマ)
22戦21勝(17KO)1敗
戦績→ココ

WBCライトフライ級王者ブライアン・ビロリア (米国)
19戦18勝(12KO)1無効試合
戦績→ココ

これまたメチャクチャ強い~!(^^;
ポンサクレックを避けてもこんなんじゃどうしようもない・・と
思ったら実は裏技があるようです。

WBC王者のビロリアは階級を上げてライト級に挑戦することが
決まっており、ライトフライ級は一時的に空位になるので
ルビリアルVSワンディーで暫定王座決定戦が行われます。
この二人なら、どちらが来ても、王座奪取の可能性大
日本開催も可能。
※WBCは王者統一戦を義務づけず、暫定王者にも防衛戦が可能。

つまり、ひとまずライトフライ級に転級しておいて
WBC暫定王者に挑戦、うまいこと暫定王者になったら
統一戦を行わず暫定王座防衛戦を繰り返していく、と。
あわよくばフライ級が空位になったら二階級制覇を狙う・・って感じ?

あんまりにうまく行き過ぎてきてるから
負けるに負けられない・・・そんな必死さが伝わってくるような(^^;

ちなみに日本の選手でも亀田選手と試合を熱望してたけど
逃げられたという話があります。

亀田「内藤?興味あらへん。あのポンサクに30秒で負けた奴やろ?
内藤「それなら対戦しよう
亀田「
  →ココ
内藤「結局逃げられて…残念!亀田君、たまには日本人とやろうよ…斬り!!
  →ココ ←必見!(^^)g
亀田「1回やったらなアカン(スパーで
   →ココ


応援はしてるんですよ(^^;
いやマジで。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。