けいけん豊富な毎日

新潟記念(末脚分析)  担【けん♂】

新潟記念(新潟2000m)について見ていきたいと思います。

展開については後ほどふれる予定ですが、テイエムプリキュアが
少しハイペース気味に引っ張るとすると、後半のペースアップの
タイミングは少し遅め・・・およそ800mダッシュという形に
なると想定しています。

昨年は超スローになったため、直線に入ったあともまったく脚が止まらず
残り1ハロンまで加速し続けたというレースになっていましたが
過去の傾向からすれば、これは例外

基本的には直線に入ってしばらくは追い出しのタイミングを
遅らせる
感じになると考えられます。
その隙に馬群は横にズラッと長くなって・・・最後の2ハロンは
急加速急失速という形。

新潟記念4コーナー展開見本:08年
新潟記念直線

上手く馬場中央から外目辺りに出せれば、先行馬の脚も止まりにくく
33秒台の末脚になることもあり得ます。

そうなると、差し馬に求められるのはさらに上回る切れ味
・・・ということで末脚の能力が高い馬を探してみたいと思います。

最速率:新潟記念
新潟記念末脚

今回の出走馬が良馬場の芝コースで
・最速の上がりを使った回数(%)
・上位から3番目までの上がりを使った回数(%)

を調べてみました。

安定して速い末脚を使えているのは
・スマートギア
・メイショウベルーガ
・スリーオリオン
・アドマイヤオーラ


辺りになりますが、中でもスマートギアはそのほとんどが最速
という強烈なデータになっています。

他の3頭は安定しているものの、自身を上回る馬がいるという
ことになるので、位置取りや仕掛けどころに注意したいところ。

次点のダイワジャンヌ、ナリタクリスタルなどもかなりの安定感。
ダイワジャンヌは新潟が合いそうですし、ナリタクリスタルは
前につけて脚を使えるタイプなので数字以上に踏ん張りが利きそうです。

・・・とはいえ、データ的には安定感のないアルコセニョーラ
勝ったりしているわけで(^^;
末脚の能力だけでなく、コース取りや仕掛けどころも非常に重要
上手く良いコースを取れそうな馬がどの馬なのか、
枠順にも注意したいところですね(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック