けいけん豊富な毎日

キングジョージS展望  担【けん♂】

凱旋門賞に向かう予定のナカヤマフェスタは順調に調整されているようですね(^^)

今週は欧州でも秋につながる大一番、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS
(アスコット2400m)
が行われます。

出走表
キングジョージ

7頭立てと少頭数になりましたが、メンバーは充実しています(^^)

まずは英ダービーを7馬身差で圧勝したワークフォース
ダービー後の国際レーティングではシーザスターズ以上の評価を
受けている馬です。
ただ・・・今年の欧州はちょっと高速馬場気味?
果たしてどのくらい強いのか、ある意味今回が試金石になるかも。

愛ダービーを勝ったケープブランコは6戦5勝と素晴らしい安定感。
負けたのは仏に遠征した仏ダービーのみ、ということで
地元では圧倒的な強さを誇っています。
前哨戦のダンテSでワークフォースを3馬身差で破っているだけに
この再対決も楽しみですね(^^)g

ハービンジャーはGⅠ勝ちこそありませんがGⅢ、GⅡを合わせて3連勝中。
欧州古馬GⅠ戦線でどこまでやれるか、今回は試金石になりそうです。

ユームザインは凱旋門賞でも3年連続2着の記録を作っていますが、
キングジョージSでも07年に2着、08年に3着と好走しています。
前走のサンクルー大賞典でも2着と好走しており、
まだまだ衰えを見せていません。
勝ち切れない馬ではありますが(笑)今回も上位に食い込んでくるでしょうか。

ダリャカーナは5連勝で香港ヴァーズを制した注目の牝馬。
今年に入ってGⅡで3着、前走のサンクルー大賞典でも3着と
モヤッとした成績になってしまっていますが、能力は高いだけに楽しみです。

昨年欧州でブレイクしたダーレミはこの春のドバイシーマクラシックを制覇。
ブエナビスタとの対決は記憶に新しいところです。
復帰戦のエクリプスSでは離れた4着に敗れてしまいましたが
欧州を代表する牝馬として期待したいところです。

コンフロントは昨秋に3連勝で欧州マイル重賞を勝っています。
香港マイルで6着に破れており、距離の面でも不安がありそう。
ちょっと今回のメンバー相手では厳しいかもしれませんね(^^;

出走表を見て驚くのは強烈な斤量差。
3歳牡馬が55kgと恵まれているのに対し、古馬の牡馬は60.5kg
牝馬でも59kgというのは・・・ちょっと日本のGⅠレースの常識では
考えにくい酷量だと感じてしまいます。

当時はあまり考えていませんでしたがハーツクライも60.5kgを
背負ってこのレースを走ったんですね・・・3着だったとはいえ
十分に賞賛に値する結果だったと改めて思います。

【今回の予想(妄想:爆)】
◎ケープブランコ
○ユームザイン
▲ダーレミ
△ワークフォース

好レースを期待しています(^^)/

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック