けいけん豊富な毎日

函館記念(各馬分析1)  担【けん♂】

函館記念(函館2000m)の出走予定馬について見ていきたいと思います。

シャドウゲイト】牡8 (美浦) ホワイトマズル×(サンデーサイレンス)
昨年末の有馬記念時点で復調傾向、と考えていた馬ですが
今年に入り、AJCC2着、中京記念1着とかつての力を取り戻したような
活躍を続けています。
先行気味に行ける脚質で血統的に重めの芝が合うだけに
ここでも期待出来そうですが、コーナーで突き放す競馬が得意なだけに
ジリジリと長く脚を使う消耗戦でどうなるか・・・。

エイシンドーバー】牡8 (栗東) Victory Gallop×(Kris S)
マイル周辺で活躍してきており、2000mは少し長いかも。
復帰戦となった前走の金鯱賞では好位から脚が伸ばせず失速。
叩いて良化があるのかどうか・・・。どちらかというと軽い馬場で
キレを活かすタイプなだけに函館の芝が合うかどうかも微妙。

サクラオリオン】牡8 (栗東) エルコンドルパサー ×(Danzig)
昨年の函館記念(札幌開催)を制し、北海道シリーズで大活躍。
夏の消耗がドッと出た天皇賞秋で馬体を落としてしまい、失速しましたが
この春に体は戻してきました。
血統的にも重い芝が合うだけに北海道に戻ればまた好走が期待出来るかも。
少し絞るくらいで出てこれたら期待度アップ。

テイエムプリキュア】牝7 (栗東) パラダイスクリーク×(ステートリードン)
てっきり引退したと思っていました(^^;
繁殖にあがるタイミングを完全に逸してしまった感じですね。
後半に長くいい脚を使う展開でなおかつ、馬場が重いのがベストという馬。
2000mは少し短いですが、条件としてはかなり適しているかも。
ただし、このところ京都でしか好走がなく、下り坂なしで自力でレースを
引っ張って行けるかはかなり不安。

エアジパング】せ7(栗東) エルコンドルパサー×(Halo)
函館では1走(6着)しかしていませんが札幌では(2-2-2-1)と
好走している洋芝巧者。スローペースを前で粘りこむ競馬が得意で
レースレベルが上がると厳しい印象。2000mは距離不足になりそうです。
天皇賞春では5着と好走しているだけに侮れない面もありますが
過大評価は逆に危険かも。

マンハッタンスカイ】牡6 (栗東) マンハッタンカフェ×(Go for Gin)
08年の函館記念では前で踏ん張って3着。異常な出走回数を誇る馬ですが(爆)
09年シーズンから調子がガクッと落ちてしまい、先行すら出来ない状態にまで劣化。
ただし、この春に馬体を戻し、前走で久しぶりの勝利を飾っているだけに
調子は上向きかも。血統的に洋芝適性が高く、条件はベストに近い感じ。
馬場が湿るのは苦手なので天候にも注意したいところ。

エリモハリアー】せ10 (栗東) ジェネラス×(ブレイヴェストローマン)
函館記念を3連覇した「函館の王」も年齢を重ねて以前の力は発揮出来なく
なってしまっています。6月に一旦函館で出走しているものの、
前走で福島に輸送・・・さらに短期間で函館に戻すというローテーションも
ダメージになってしまいそうです。
このところは末脚が極端に止まる傾向が出ているのでここでは厳しいかと。

ドリームサンデー】牡6 (栗東) タイキシャトル×(ブライアンズタイム)
金鯱賞ではハナを切ってレースを引っ張り、後半800mのロングスパートに
持ち込んで2着に粘りこみました。スローの後傾ラップを作るタイプで
今回も展開のカギを握る馬になりそうです。
本格的にキレを使う馬場ではキレ負けしやすいですが、基本的には少し
軽い芝の方が合う感じ。早仕掛けをしなければ好走もあるかもしれませんが・・・

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック