けいけん豊富な毎日

安田記念(各馬分析2)   担【けん♂】

安田記念(東京1600m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。
昨年のような大本命馬がいないだけに・・・混戦模様ですね(^^;

スーパーホーネット】牡7(栗東) ロドリゴデトリアーノ×(エルセニョール)
昨年から体調が整わず、ダートで復帰しましたが何も出来ず。
前走で体重を戻していますが、本来の持ち味のキレ味がまったく見えず
調子が戻っているとは言い難い状況です。
安田記念では連続で人気を裏切っていますが、毎日王冠を勝っているだけに
適性がないわけではないはず。状態次第で復活があるのかどうか・・・

トライアンフマーチ】牡4(栗東) スペシャルウィーク×(ダンシングブレーヴ)
速いペースを前から伸びるレースをしてきましたが、ここにきて
後方からの競馬に脚質転換。前が止まらない展開を差し込んでおり、
能力はかなり上位評価して良さそうです。
自在性があるのは強みになりそうなので展開に合わせる競馬が出来れば有力候補の
一角になってきそうです。

ファリダット】牡5(栗東) Kingmambo×(Sunday Silence)
昨年の3着馬。賞金不足ですがレーティングの関係で出走権を得られる模様。
後方から一辺倒の脚質なので届かないことが多く、信用しにくい馬ですね。
それでも末脚の能力は抜群なだけに、仕掛けどころとコース取り次第で
飛び込むことも十分にあり得そうです。

マイネルファルケ】牡5(美浦) ムタファーウエク×(パークリージェント)
先行力を活かして昨秋辺りから重賞戦線でも好走を見せています。
淡々と引っ張るレースも出来ますが、基本的には後傾ラップを
作っての粘りこみが得意な脚質。東京で逃げ切るまでは微妙かも。

マルカシェンク】牡7(栗東) サンデーサイレンス×(Zafonic)
前崩れ気味になった富士Sで2着に飛び込みましたが、
近走では末脚のキレもイマイチ・・・後方からの脚質ながら
まったく届かないこともあり、状況は厳しそうです。
気性的にも少々難があるだけにここで期待するまでは・・・

マルカフェニックス】牡6(栗東) ダンスインザダーク×(Miswaki)
スローの瞬発力勝負になった京王杯SCで好位から凄いキレを見せて
2着に飛び込みましたがレースレベル的にはかなり不足感がありそうです。
体重をグッと絞って仕上がっていただけに、上積みにも疑問。

ライブコンサート】せ6(栗東) Singspiel×(Kingmambo)
昨年の5着馬。軽いキレのある末脚が持ち味ですが現状では少し
前崩れ気味にならないとなかなか届かない印象。
減っていた馬体を徐々に戻して前走ではかなり太めになっていただけに
今回グッと絞ってくるなら上昇もあるかも。
馬体増は論外ですが・・・状態次第で穴馬の一角かも。

リーチザクラウン】牡4(栗東) スペシャルウィーク×(Seattle Slew)
今年はマイル路線で、という陣営の気持ちに応えて前走の
読売MCで復活勝利。淡々としたペースを上手く追走出来ており
脚が止まらなかったのは収穫でした。
内容的にはそれほど高い内容ではないだけに過大評価は危険ですが
展開次第では上位に食い込むことも可能かも。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>MASAさん
なんというか、ギリギリのところで
中途半端に密集している印象ですね(爆)
セイウンワンダーなどの新勢力にも
是非出てきてもらいたかったと
私も思います・・・
新たなエース格になるのはどの馬か、
注目ですね。

けん♂ | URL | 2010年06月02日(Wed)19:26 [EDIT]


 

トラックバック