けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービー(中間雑感:伸び脚の質の違い)  担【けん♂】

さて、ちょっと休憩がてら(^^;ダービーについて考えている事を
書いてみたいと思います。

巷でも言われているとおり、豪華なメンバー・・・
ここまで有力馬が揃ったレースというのは最近記憶にありません。

色んな見方はあると思いますが、個人的にはイメージが
ダブる馬
が2頭。

・ペルーサ
・ヴィクトワールピサ


この2頭はスパッとキレるタイプではなく、エンジンが掛かると
グィ~ンと加速して行く感じの走りだと思っています。
なんと言うか排気量が違う印象。
バカデカいエンジンを積んだスポーツカーを観ている気がします(^^;
ヴィクトワールピサに関しては、小回り、内回りのレースで
勝ってきている点が気になる向きもあるかと思いますが
実はまだ本気で走っていないんじゃないかと・・。
エンジンを掛けたところでスッと抜けてしまい、もうゴール?!
本当はここから加速していくんじゃないか、という期待感を持っています。

ペルーサもえぐいですね(笑)
先ほどMASAさんコメント欄で教えて頂いたサイト
これまでのレースの直線での走りを確認したんですが
MASAさん、ありがとうございます♪
新馬戦では前が塞がったところを横へ横へと無理やりスライドしながら
抜け出して、そこからあっさりと前をとらえると最後は完全に突き放しての完勝。
操作性の高さ、基本的なスピードなど、まさしく性能の違いを感じさせる内容でした。

ダノンシャンティは・・・弾丸のイメージ(^^)
走りにブレがなく、真っ直ぐに伸びてくる感じです。
その意味では直線が長い東京向きの馬だと思いますので
期待度は高いですね。
ただ、仕掛けるポイントが少し遅れてしまうのが気になるところ。
発射までにタメが必要なのかも?

ルーラーシップについては何度か書いたとおり、猫科の大型獣?
黒豹のようなイメージで見ています(^^)
伸び始めるときにグッと馬体が縮んで、そこから一気に開放したように
グワッと伸びる姿は馬とは思えない感じ(笑)

ヒルノダムールローズキングダムは・・・普通に馬に見えます。
・・・まぁ馬なんで当然なんですが(笑)
キレがあってバランスの良いタイプ。
もちろん強いと思いますし、高い評価をしています。

まぁあくまで脳内の妄想なんですが・・・
今年のダービーは「異種格闘技戦」というイメージでしょうか(^^;
レーシングカーと弾丸と黒豹と馬って・・・
格闘にならんだろ!(+`・д・)≡○)゚д。)ノソウデスネ

まぁ冗談は置いておいても、レーシングカーと弾丸と黒豹って
どれが一番ダービー向きの脚質なんでしょうね?

グイ~ンと加速するヴィクトワールピサ、ペルーサ、
スパッとキレるヒルノダムール、ローズキングダム、
ビヨーンと伸びるルーラシップ、
ドカン!と爆発するダノンシャンティ・・・
どんな追い比べになるのか、本番が楽しみで仕方ありません(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すばらしい

そうですか・・・。
四位騎手はそうでしたか・・・。
若かりし頃は武豊騎手の後ろから必死に技術を盗み、数年後に横山典騎手に長手綱の手法でカルチャーショックを与え、そして今、太さんの道悪持ってこない術を実につけましたか・・・。※イメージです。
大先生の人の良さはマネしないでね。

なにはともあれ、四位騎手・・・大好きです(^^;

けん♂さんの有力馬イメージ、素晴らしいの一言です。
ヴィクトワール、ペルーサ、ダノンシャンティとピッタリのイメージですが、特にルーラシップっ!!
ここ数年で、他人のイメージにここまでビンゴした記憶はございません!!!
黒豹・・・素晴らしい(^0^)/

予想はペルーサです。
藤沢さんが悲願達成で、表彰式に向かう姿が想像出来ます。

タカジョー | URL | 2010年05月25日(Tue)23:57 [EDIT]


>タカジョーさん
道悪もってこない術!(笑)
持ってくる方を学べばよかったですね(^^;

かなり個人的なイメージ像だったんですが
ビンゴしてくれたのであれば嬉しいです♪
同じ末脚のある馬でも印象が違うんですよね。

どの馬がダービーのイメージに合うのか・・
ペルーサは東京実績がある分、優位かもしれません。

けん♂ | URL | 2010年05月26日(Wed)05:50 [EDIT]


>MASAさん
イメージを音にしてみましたが
伝わってくれたでしょうか(^^;

高速馬場になると前が止まりにくくなりますし、
逆に消耗戦になっても末脚が伸びにくいので
意外に前が残るのかもしれません。
今年がどうなるかはやってみないと
わかりませんが、穴馬探しは前の馬に
なりそうです。

ヒルノダムールは皐月賞前にやっと
まともに調教できるようになったそうです。
若葉Sと皐月賞では出来の違いがあったと
思いますし、これを軸にペルーサと
ヴィクトワールピサを比較するのは
おっしゃるとおり、難しいかもしれませんね。

映像をしっかり見てイメージを作りたいと
思います(^^)

けん♂ | URL | 2010年05月26日(Wed)05:55 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。