けいけん豊富な毎日

ダービー(各馬分析2)  担【けん♂】

ダービー(東京2400m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ダノンシャンティ】牡3 (栗東) フジキセキ×(Mark of Esteem)
超高速馬場だったとはいえ、NHKマイルを驚異的なレコード勝ち。
ここ3戦は全て33秒台の上がりを記録しており、末脚の威力、安定感は抜群です。
血統面から距離延長を心配する向きもありますが、フジキセキ産駒の
データでは実は距離は伸びるほど成績アップ。それほど不安はなさそうです。
軸がぶれない弾丸のような走り・・・前走の疲れが出ていなければ
好勝負になりそうです。

トゥザグローリー】牡3 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
太かった馬体を大きく絞りつつ、青葉賞で2着と好走。
本来なら3戦で▲22kgといううのは危ない気がしますが
それでも520kgと馬格があるだけに、体調面については
馬体を見ての判断になりそうです。
前走の青葉賞では勝ち馬よりも後方から追いかけて脚色で及ばず完敗。
現時点での逆転は難しそうです。

トーセンアレス】牡3 (美浦) アドマイヤドン×(Gulch)
これまでの3勝は全てダートのレース。
弥生賞、皐月賞ともに後方からの競馬になっている点をみると
スタートで滑っているのかも。
芝コースへの適性については期待しない方がいいかもしれません。

ハンソデバンド】牡3 (美浦) マンハッタンカフェ×(アフリート)
共同通信杯を勝って休養、ぶっつけで臨んだ皐月賞では完全に失速して
最下位に敗れてしまいました。
先を見て余裕残しの仕上がりではありましたが、それにしても
負け過ぎだった印象です。休養明けで馬体が減っていたのも不安。
叩いての良化にも期待しにくい状況かも。

ヒルノダムール】牡3 (栗東) マンハッタンカフェ×(ラムタラ)
皐月賞では仕掛け遅れた感じになりましたが、前が伸びない展開になったのが
幸いして2着と好走。まだ幼さの残る馬体ながら最速の上がりを使っており、
基本能力の高さを見せたと言って良い内容だったと思います。
▲10kgと仕上がった雰囲気だっただけにダービーに向けて
上積みがあるかどうか・・・

ペルーサ】牡3 (美浦) ゼンノロブロイ×(Candy Stripes)
若葉Sでヒルノダムールを圧倒。皐月賞の出走権をあっさり放棄して臨んだ
青葉賞ではカーブの途中から長く脚を使う展開をこなして4馬身差の大圧勝。
エンジンが掛かった瞬間から周りの馬とは全然違うスピード感で
突き抜けていく迫力は秀逸。展開だとか馬場だとかまったく関係なく
根本的に能力が抜けて高い印象です。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック