けいけん豊富な毎日

オークス回顧(2頭の勝ち馬!)  担【けん♂】

朝から小雨が降り続けた東京競馬場、稍重になった馬場でオークス
行われました。

安藤勝騎手の体調が悪く、当日に乗り代わりがあるかもしれない・・・
などというニュースも出ていたりして何やら不穏な空気。
騎手、展開、そして馬場がレースにどういう影響を与えるのか
注目となりました。

予想は→ココ

結果は・・・

1着×アパパネ     2.29.9  上がり35.2
1着 サンテミリオン   同着    上がり35.3
3着△アグネスワルツ
4着×アニメイトバイオ
5着○オウケンサクラ
6着◎アプリコットフィズ

17▲ショウリュウムーン

※全着順は→ココ

内からスッと出たアグネスワルツをかわしてニーマルオトメが
ハナを切って行きました。今回はブリンカー着用ということで
思い切った先行策をとるのは事前から決めていた模様。

離れた2番手にアグネスワルツ、そこからまた3、4馬身離れて
ショウリュウムーンが3番手。内田博騎手はヴィクトリアマイルに続いて
2匹目のドジョウ狙いでしょうか。
タガノエリザベートも今回は積極的に好位へ。
コスモネモシン、ギンザボナンザが続いたその後ろの外に
サンテミリオン、そしてそれを見るようにアパパネ。

アプリコットフィズは今回控えめに中段の内を追走。
オウケンサクラもアパパネのさらに後ろからの競馬を選択・・・

12.2-10.9-12.3-12.4-12.8-13.1-13.3-13.5-13.5-12.0-11.5-12.4
前半1000m 60.6
中間400m  26.4
後半1000m 62.9

馬場の割に積極的に行ったニーマルオトメは前半800mまでは
締まったペースを作りましたが、3コーナーに入る手前くらいで
すでに失速気味にペースダウン
湿った馬場をカーブしていくということもあって
さらにグッとペースが落ちて隊列が縮まっていきました。

カーブの出口辺りでアグネスワルツが外から被せて抜き去ると
直線では1頭抜けた形で先頭へ。

ただし、その後ろは密集状態で横並びになる展開。
アグネスワルツから約2馬身差に2番手集団の先頭。
外を回していったサンテミリオン、アパパネはその先頭からさらに
2馬身差辺りにつけての追い出しとなりました。

東京競馬場は内側から芝が乾いていく構造になっているようですが
雨が降っている間は関係なく、逆に内が荒れて伸びにくくなるようです。

馬場の悪いところを逃げることになったアグネスワルツ
イマイチ伸び切れず、同様に内を抜けてきたアプリコットフィズ
のめってしまったようで前に迫り切ることが出来ません。

逆に馬場中央から被せるように前に出たのはサンテミリオンアパパネ
先に仕掛けたサンテミリオンを追いかけてアパパネが横に並んで
そのまま2頭のマッチレース・・・最近の映像技術ではわずか2cmでも
差があれば判別されてしまうわけですが・・・今回は同着!

史上初めて2頭のオークス馬が誕生する年となりました(^^)

レース後のコメント
1着同着 アパパネ(蛯名騎手)
「負けなくて良かったです。どちらも勝者で良かったです。
不安と言われた距離もこなしてくれましたし、こういう馬場も
こなしてくれて良かったです」


1着同着 サンテミリオン(横山典騎手)
「蛯名騎手から“おめでとう”と言われましたし、有利だと思っていました。
写真判定が長くてどうかと思いましたけど、大外枠からよく頑張ってくれました」


3着 アグネスワルツ(柴田善騎手)
「前回と同じで、交わされてからもしぶといところを見せているのですが…」

4着 アニメイトバイオ(後藤騎手)
「いい競馬でした。大健闘と言うよりも、これくらい走れて当然の馬だと
思いますから、もう少し何とかならなかったかと反省の気持ちの方が残ります。
アパパネ、オウケンサクラを見ながら手応えよく行けました。
距離も大丈夫でしたし、道悪も思った以上にこなしてくれました」


5着 オウケンサクラ(安藤勝騎手)
「前へ行くと馬場の悪い内側を通ることになりますから、
今日は行くつもりはありませんでした。ジワジワ伸びていましたから、
サンテミリオン、アパパネより先に動けるところにつけていれば良かったと思います。
馬場も気にしていませんでした」


6着 アプリコットフィズ(四位騎手)
「枠順が出た時には、アパパネもサンテミリオンも外枠だったので、
内枠が当たってしめしめと思っていましたが、今日のこの天気、
馬場では結果的にアダになったと思います。
道中、道悪でバランスを崩していましたから…。いい感じで抜けられましたけど、
残り300mで脚が鈍ってしまいました」


しっかりと馬場状態を意識している点はさすが安藤勝騎手、
という気がしますが、オウケンサクラに関してはキレに不足があることを
以前にもコメントしており、仕掛けどころが遅れての末脚勝負に
してしまったのは残念です。体調が悪かった影響もあったのでしょうか・・・

今後につなげるために、反省点などは稿を改めて・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010年05月23日(Sun)22:54 [EDIT]


けん♂さんこんばんは!

クラシックG1初の同着決着!見応えありました~。大外枠を意識してサンテミリオンを切ってさまい、馬券の方はダメでした。距離に対して、外枠不利はそんなに気にしなくても良かったんですかね?次週は何とか当てたいです!また馬券のヒントを宜しくお願いします!

直線一揆 | URL | 2010年05月23日(Sun)23:28 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2010年05月24日(Mon)00:53 [EDIT]


>直線一揆さん
いやー凄いレースでした(^^)
私も大外ということで2頭とも軽視の方向で
予想してしまいましたが、コーナーで
詰まることをしっかり想定できていれば!と
反省中です。
結局のところ、雨の影響は色んな意味で
大きかったですね。

なかなかお役に立てませんが今週も頑張って
いきますのでどうぞよろしくお願いいたします(^^)/

けん♂ | URL | 2010年05月24日(Mon)13:06 [EDIT]


歴史に残る結果

う~ん、この馬場だとアプリコットフィズでは差しきれませんか…。やはり、馬格が求められる馬場になりましたね。
そんなことより、なぜにマイナス体重??
私の見解では、十中八九プラス体重で出てくるはずでしたのに。
てか、プラス体重で出走してこその予想だったのですが…。
AM購入が裏目に出ました。

太さんが現役の頃、馬場が悪くなったときの太さんは信頼度ダウンの傾向にありましたが、調教師になってもそうでしたか…。
※これは私の偏見です。

しかし、G1同着とはビックリしました。
エイシンワシントンのレースを見て以来、G1で同着はありえないと思ってました。
公平なジャッジに感服しました(^^)

タカジョー | URL | 2010年05月24日(Mon)19:35 [EDIT]


>タカジョーさん
私もアプリコットフィズのマイナス体重には
驚きました。
歯車が狂ったのでしょうか・・写真では
良く見えたんですけどね・・・

馬場が悪いときにダメな騎手っているんですよね。
実は四位騎手が・・・(爆)

ダイワスカーレットとウオッカですら差がつけられた
わけで、ここでの同着は余程の僅差だったんでしょうね。
意味のあるジャッジだったと思います(^^)

けん♂ | URL | 2010年05月25日(Tue)18:55 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第71回 オークス(優駿牝馬) 結果 【史上初のG1同着!アパパネとサンテミリオン】

史上初のG1同着という貴重な瞬間を 目にする事が出来て素直に嬉しいです。
[続きを読む]

競馬予想ブログ 複勝馬券生活 | 2010年05月23日(Sun) 23:33