けいけん豊富な毎日

POG戦略5(種牡馬について1)  担【けん♂】

POG指名馬は今年もある程度血統で絞り込みたいと考えています。

数打ちゃ当たる、という訳ではありませんが、良質な産駒が
誕生するかどうかも、ある程度確率の影響を受けていると考えられ、
肌馬の質と同様、種付け頭数にも注目したいところだと考えられます。

主な種牡馬について種付け頭数の変遷を見ながら状況を
見ておきたいと思います。まずはSS系種牡馬から・・・

ネオユニヴァース
228→247251頭

コンスタントに200頭オーバーの牝馬を確保しているだけでなく
少しずつ種付け頭数が増えてきています。
デビューした年から連続してクラシックに大物産駒を送り込んでおり、
馬産地での評判に実績が追いついた感じでしょうか(^^)
今年も大いに期待出来そうです。

アグネスタキオン
185→139202頭

初年度産駒が微妙に期待外れだったことから種付け頭数が減少傾向に
ありましたが、ダイワスカーレットなどの大物が出て一気に
注目度が上昇。種付け頭数も大幅に増えています。
ふたたび大物が出るとしたら・・・今年の産駒かも?!

マンハッタンカフェ
221→201164頭

馬産地での評判が高く、毎年大物候補をコンスタントに
送り込んできていますが、他のSS系の勢いに押されて
種付け頭数は減少傾向。200頭を切ってしまった今年は
ちょっとPOGでは狙いにくい状況になったかもしれません。

スペシャルウィーク
234→216126頭

シーザリオの活躍で増えた産駒からブエナビスタが誕生。
翌年も200頭超えの種付けをこなしていますが・・・やはり
当たり外れが大きい種牡馬ということで不発気味です(爆)
今年はガクッと頭数が減っており、ますます狙いにくい感じに・・・

フジキセキ
185→252160頭

昨年はSS系種牡馬の中で最多の種付け頭数となっており、
POGでも注目しましたが・・・やはり当たりを指名するのは難しいです(^^;
ダノンシャンティが登場しただけに、頭数が増えた意味はあったと思われますが
今年はガクッと産駒が減少。
あえて狙う意味はない種牡馬になってしまった印象です。

ダンスインザダーク
215→206116頭

仕上がりの遅い血統なのでPOGで指名することはまったく考えていませんが(爆)
今年はガクッと頭数減。他のSS系種牡馬に完全に押されてしまっている
状況だと考えられます。SS系種牡馬として初めてGⅠ馬を出した馬ですが
今後が危ぶまれる状況かも・・・。

ステイゴールド
146→93129頭

主役の血統ではありませんが、ドリームジャーニーなど
かなりの活躍馬を出している種牡馬。
それでも種付け頭数は・・・あまり伸びていませんね(>_<)
当たり外れの大きい血統であることは間違いなく、
馬格がない、というハンデも背負いやすいだけに扱いが難しいのかもしれません。

デュランダル
171→70頭

初年度こそそれなりの数の牝馬を集めましたが、2年目でいきなり激減。
生まれた産駒の評判があまり良くなかったのでしょうか。
短距離で活躍馬が出ましたが、クラシックにかかわるような状況ではなく
これからも先細りになるかも・・・

ゼンノロブロイ
216→158頭

通常、期待される種牡馬の場合は2年目に種付け頭数が増える傾向が
ある印象ですが・・・ガクッと低下。
どうやら馬産地での評判はかなり悪かったようですね。
実際にデビューしてみると活躍馬がドンドコ出ているわけで
これから巻き返しが期待出来そうです。
POG的には今年の産駒は・・・少し狙いにくいかもしれませんね(^^;

ゴールドアリュール
189→136132頭

ガクッと頭数が減りましたが、そこで安定傾向。
それなりに需要の高い血統なのかもしれません。
ダートの大物産駒を次々に出しており、これからも注目を集めそうです。
ただ・・POG的には狙いにくいことは間違いなさそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック