けいけん豊富な毎日

オークス(各馬分析1)  担【けん♂】

オークス(東京2400m)について見ていきたいと思います。

出走可能な登録馬18頭の中にゼンノロブロイ産駒が6頭!
初年度からここまで活躍馬を出した種牡馬って・・・あまり記憶にありません。

アパパネ】(美浦) キングカメハメハ×(Salt Lake)
徐々に体を増やしつつ、桜花賞を制覇。栗東留学も含めて慎重に
調整されてきているので、無理なくオークスに向かえるのが好印象。
好位からキレのある脚が使え、スタミナの要る阪神外回りコースを
こなしているだけに、今回も問題はほとんどなさそうです。
昨秋の東京での伸び脚は秀逸でしたし、ここでも勝ち負けを期待出来そうです。
あとは少し引っ掛かる気性がどう出るか・・。

オウケンサクラ】(栗東) バゴ×(リアルシャダイ)
桜花賞ではハナを切って2着。早めに仕掛けてバテない強味があるので
芝状態の良さが活かせれば大いに期待出来そう。
血統面からは距離延長ははっきりとプラス材料。
遠征も含めてかなりキツいローテーションをこなしましたが
馬体も減っておらず、今回は少しゆっくり出来ただけに上昇があるかも。

エーシンリターンズ】(栗東) キングカメハメハ×(キャロルハウス)
ここ2戦は微妙にタイミングが合わない感じでスムーズな
競馬ではありませんが、それでも好成績をおさめているのは
高い能力がある証拠。少し反応の鈍さも感じますが
スタミナに不安がなさそうなので、今回の距離延長も十分にこなせそうです。

ショウリュウムーン】(栗東) キングカメハメハ×(ダンスインザダーク)
桜花賞では前が有利な展開を中段から差し込んで4着。
十分に力を見せた内容だったと思われます。
減り続けていた馬体を少し戻していたのは好材料ですが
今回はどこまで体調を戻せるかも重要になりそうです。
走りが大きく、東京の直線への適性が高そうなのも楽しみです(^^)

サンテミリオン】(美浦) ゼンノロブロイ×(Last Tycoon)
スローの瞬発力勝負となったフローラSを勝って本番へ。
これまでにそれほど高いレベルのレースをこなしておらず、
上位馬との競い合いになると少し厳しいかもしれません。
デビューから馬体が減り続けており、成長面でも期待しにくいので
東京経験を活かすことが鍵になりそうです。

アグネスワルツ】(栗東) ゼンノロブロイ×(ヘクタープロテクター)
快速を飛ばして逃げ切って昨秋に連勝。かなりの期待馬でしたが
骨折により桜花賞には間に合わず・・・。
復帰戦のフローラSでは柴田善騎手のスローな逃げでしっかり残って2着。
減っていた馬体もおおよそ戻しており、今回は上積みが期待出来そうです。
上手くペースを握れたらば場状態を活かして激走も?!

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

間違い

アグネスワルツが3着?

光pro | URL | 2010年05月18日(Tue)03:57 [EDIT]


>光proさん
打ち間違いですね(^^;
すいません。

ご指摘ありがとうございます。
修正させて頂きます。

けん♂ | URL | 2010年05月18日(Tue)14:15 [EDIT]


オークス予想

本命はアプリコットフィズです。おそらくは変更ないと思います。
ここ最近で、今回のアプリコットフィズと同じローテ(クイーンC~桜~オークス)は、ウメノファイバー・サクセスストレイン・シャイニンルビー・チューニー・ダイワエルシエーロ・コイウタ・リトルアマポーラと7頭います。
うち、マイナス体重ながら、激走?し桜花賞で複勝圏内に入った馬が、シャイニンルビーとコイウタの2頭。
慣れない輸送で体重を落とし、地元に帰ってプラス体重で出走した馬は、ウメノファイバー・サクセスストレイン・シャイニンルビー・チューニーの4頭。
関東馬はウメノファイバー・サクセスストレイン・シャイニンルビー・チューニー・コイウタの5頭。

ウメノファイバー・・・勝ち馬
サクセスストレイン・・・12番人気ながらもう少しの4着。
※勝った馬はレディパステル(デザーモ好騎乗)、2着ローズバド、3着テイエムオーシャン。
シャイニンルビー・・・1番人気で5着。桜-22キロで3着激走。
チューニー・・・13番人気で2着。
ダイワエルシエーロ・・・勝ち馬。
コイウタ・・・体重落として桜3着。オークスでも更にマイナス体重だったので、凡走の可能性高かったが競争中止。
リトルアマポーラ・・・1番人気で7着。池添騎手、大斜行事件。そもそもこの年のレベルは近年稀に見るほどの低さ。エリザベスはルメールの腕。よく分からない年のため参考外。

以上のことから、アプリコットフィズが馬券圏外に消えることは考えにくいと思ってます。

あとは、母の父リアルシャダイのオウケンサクラです。
ボールドエンペラー、フローテーションと長距離の血は抑える必要ありと思ってます。
モーニングフェイス・ショウリュウムーンも同様の考えです。

亡きおじのアグネスワルツ・・・の線も個人的には好きですが・・・。

逆に、アパパネはマイルでの強さと母方の短距離・早熟血統が気になりますので、消すことまで考えてます。

長くなりました。ごめんなさい。

タカジョー | URL | 2010年05月18日(Tue)16:01 [EDIT]


>タカジョーさん
アプリコットフィズは今回条件が大きく
良化しますので、期待の1頭になりますね。

本来の能力が出し切れたら
桜花賞の上位馬との逆転は十分に可能だと
思います。

オウケンサクラも血統が魅力。
距離延長でこそ、という気がします(^^)

桜花賞組以外からの伏兵がいるのかどうかが
まずは最初の絞込みになりそうですね。

けん♂ | URL | 2010年05月18日(Tue)17:05 [EDIT]


 

トラックバック