けいけん豊富な毎日

POG戦略3(距離別実績)  担【けん♂】

POG馬の選び方なんですが、今年も基本的に理詰めで考えていきたいと
思っています。

赤本、青本といったPOG馬の資料をまとめた本にも興味はありますが
そういった本を書いておられる専門家の方の意見は参考にはしても
それを中心には選ばない予定です。

・・・まぁ毎年それで失敗してるんですけどね(笑)
それでもやはり、自分の中で「期待出来そうな理由」をちゃんと
見つけて指名馬を選びたいな、と。

こういったPOG馬のための資料は結局、その後の重賞で考察するときの
材料
にもなってくるわけで・・・一挙両得狙いもあります(^^)

今回は血統面について少し考えてみたいと思います。

近年の2、3歳重賞で活躍馬を出している血統の中で
注目できそうな種牡馬をピックアップして距離別の実績を見てみました。

距離別複勝圏率:種牡馬データ
種牡馬データ距離

過去にはサンデーサイレンスという超大物種牡馬がいたわけですが
今はその子供が種牡馬になっている時代。
サンデーサイレンスの種牡馬実績(複勝圏率)は
・芝 32.7%
・D 32.5%


と凄い高率を誇っており、超長距離を除く全ての距離で複勝圏率が
30%を超えるという万能ぶり
を発揮していました。

その後継種牡馬はさすがにそこまでの成績を出すことが出来ていません。
一番近いのが・・・アグネスタキオンだったんですが
早逝してしまったのは本当に残念です(T_T)
アグネスタキオンは短距離から中距離までこなす万能派の種牡馬
特にマイル周辺から2000m周辺までに強いのが
クラシック向きだと考えられます。
あとでまとめ直しますが、種付け頭数が07年は大幅アップ・・・
大物が出る可能性が高まっていると思われます。

今年ブレイク中のゼンノロブロイはまだデータが少ないとはいえ、
アグネスタキオン並か距離によってはそれを超える好成績をおさめています。
短い距離も悪くないですが、距離延長で成績が上昇しているのが
非常に魅力的。クラシック路線で戦える種牡馬だと思います。

マンハッタンカフェもコンスタントに大物を出していますが
アグネスタキオンなどに比べると当たり外れが大きくなってきます。
この馬も距離が伸びるほど成績が上昇傾向。
POG期間の後半に追い込んできやすいタイプだと考えられます。

ネオユニヴァースは非常に極端な成績。
初年度から言われていたとおり、短距離に異常に弱く
距離延長で成績が急上昇する種牡馬になっています。
中距離での成績はアグネスタキオンを超えており、まさしく
クラシック向けの血統ということになりそうですね。
ただし・・・短距離に弱い、ということから根本的にスピード不足
ハズレる可能性は非常に高いと考えた方が良さそうです(爆)

ステイゴールドはもっと当たり外れが大きい傾向。
・・・というかPOGで狙える種牡馬じゃないですね(^^;
柳の下のドリームジャーニーを探すのは至難の業になりそうです(笑)

昨冬に大ブレイクしたキングカメハメハはマイル周辺で力を
発揮しています。早い段階での活躍が期待出来る代わりに
春になると・・・微妙かもしれませんね。

割とスタミナタイプかと思っていたシンボリクリスエス、
タニノギムレット
もマイル周辺が好成績。
シンボリクリスエスは2000m周辺までは良績ですが
そこを超えるとガクッと成績が落ちる難点が見られます。

ジャングルポケットは当初肌馬にあまり恵まれていなかった割に
好成績をおさめている種牡馬。
来期は種付け頭数がガンと増えていますので、そろそろ大当たりが
出てくる可能性
を感じます。
母父サンデーサイレンスとの相性の良さも特筆モノ。期待したいですね。
この馬も距離延長がプラスに働く傾向・・・というか
本格的に長い距離でも好成績になっているのでこれからの
長距離界でも楽しみな血統になるかもしれません。

こういった傾向を踏まえると・・・指名馬を選ぶ際に気をつけなければ
いけないのが性別の差

牝馬のクラシックはマイル周辺が中心であり、オークスも距離延長とはいえ
スローの瞬発力勝負になりやすい傾向があります。
スピードに偏った種牡馬の方が狙いやすそうです。

逆に牡馬は2000m以上に対応出来ないと春の本番以降に
厳しい状況になってきます。スタミナの裏づけのある血統を
狙いたいですね。

牝馬狙いが有効な種牡馬
・キングカメハメハ
・タニノギムレット
・シンボリクリスエス(仕上がりが遅いのが難点?)

牡馬狙いが有効な種牡馬
・ネオユニヴァース
・ジャングルポケット
・ステイゴールド(基本的には×)

どちらでもOKな種牡馬
・アグネスタキオン
・ゼンノロブロイ
・マンハッタンカフェ

特にネオユニヴァースとキングカメハメハはしっかり分けて
狙う必要がありそうです(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

さて大事なのは…

とりあえずPOG本のいいところは写真が載っているところ……
といっても、ボクはけん♂さんのように、写真で筋肉量がどうのとか体型がどうのとかは全くわかりません。それが2歳馬でも古馬でも。
まあ写真があるということは、生存している確認ができるわけで、活用しているのはその1点だけです(^^ゞ

で、重賞やオープン特別の過去成績を調べれば血統的なものは傾向は掴めるんですけど、それを意識して選んでもうまくいかないのがなんとも…( ̄~ ̄)ξ

藤沢雄二 | URL | 2010年05月09日(Sun)21:40 [EDIT]


>藤沢雄二さん
そうですね~写真は参考にしたいところです。
まぁ2歳馬の写真なんてまったく見方が
わからないので私もそれでは選べません(^^;

生存の確認までは考えていませんでしたが(爆)
たしかにおっしゃるとおりです。

血統や母の実績など、参考にはなるものの
それが全てではないんですよね。
POGの難しさ・・・だからこそ
やる気が出てきます。今年こそ!?

けん♂ | URL | 2010年05月10日(Mon)02:17 [EDIT]


 

トラックバック