けいけん豊富な毎日

天皇賞春(各馬分析3)  担【けん♂】

天皇賞春(京都3200m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

風邪なのか花粉症なのか、鼻水とクシャミが止まりません(涙)

ゴールデンメイン】せ10(栗東) ラムタラ×(トウショウボーイ)
キレる脚はないものの、スタミナ任せに粘りこむ競馬。
馬場は湿っている方が良く、直線は短い方が合うタイプ・・・
天皇賞春向きの馬ではなさそうです。
余程の消耗戦になってしまう展開になれば大穴候補ですが・・・。

ベルウッドローツェ】牡4(美浦) ダイタクリーヴァ×(バンブーアトラス)
超絶スローで前有利になったダイヤモンドSで2着と粘りましたが
阪神大賞典では完全に脚が止まって大失速。
他馬が牽制し合ってあれよあれよ・・・という展開にでもならないと
現状では上位馬には対抗するのは厳しそうです。

メインストリーム】牡5(栗東) アグネスタキオン×(トニービン)
ダイヤモンドSではキレのある脚を使って追い込みましたが4着と届かず。
続く大阪ハンブルグCでは早仕掛け気味に押し上げて行きましたが
3ハロンのキレ勝負になってしまい、最後に脚が止まってしまいました。
スタミナはあるので単純なキレ勝負になれば仕掛けどころ次第で
上位馬相手でもそれなりの戦いが出来そうです。

カネトシソレイユ】牡6(栗東) French Deputy×(Sadler’s Wells)
中段から押し上げるような形で最後にスッと脚を伸ばすスタイル。
血統のイメージよりも末脚がなく、下級クラスの相手でも
展開がハマらないとキレ負けしてしまう印象。
中山での好走は後藤騎手の好騎乗に支えられた感じがあり、
京都では3着が1度あるだけで適性的にもここでは厳しそうです。

メイショウドンタク】牡4(栗東) マンハッタンカフェ×(Machiavellian)
前の馬の脚が極端に止まった万葉Sで3着がありますが、同様の位置取りの
馬にキレ負けと完敗の内容。古馬重賞戦線に参入した4戦中、3戦で二桁着順と
能力的に対応し切れていない状況ですのでGⅠでいきなり上昇を期待するのは酷かと。

ホクトスルタン】牡6(栗東) メジロマックイーン×(サンデーサイレンス)
非常に馬体の状態が良く見えた阪神大賞典では長距離の名手
武豊騎手らしくない早仕掛けで先行勢の脚が止まり、前崩れの展開を
作ってしまい5着。増やしていた馬体を絞って、状態は良化していただけに
残念な敗戦となってしまいました。
元々決め脚が鈍いので勝ち切るまでは微妙な馬ですが、体調が結果に
直結するタイプだけに、状態が維持出来ていれば仕掛けどころ次第で
上位に粘りこめるかも・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック