けいけん豊富な毎日

アンタレスS(各馬分析追加&位置取りについて)  担【けん♂】

帰ってからちょっとウトウトとしていたらこんな時間になってしまいました(^^;

アンタレスS(京都D1800m)の出走馬が発表になりました。
アドマイヤスバル、マコトスパルビエロ、エーシンモアオバー、
マチカネニホンバレ
が回避。
うーん、実績上位馬の回避は残念ですね・・・。

繰り上がった4頭について内容を見ておきたいと思います。

ウォータクティクス】牡5 57.0 (栗東) ウォーエンブレム×(トニービン)
昨年は6連勝、ダート無敗のままこのレースを逃げ切って
大いに期待されましたが、東海Sで他馬に被せられてやる気を失ってから
まったく結果が出せなくなってしまっています。
年明けの平安S時には昨春よりも20kg近く馬体重が増えているのに
皮膚感が緩い仕上がり・・・筋肉量は減っており、状態は良化していませんでした。
前走で絞り込んだものの、末脚が止まる点は変わらず。
気性が立ち直れば圧勝してもおかしくない馬ですが、きっかけが
見つからない感じかと。

タマモクリエイト】牡5 56.0 (栗東) カリズマティック×(Seeking the Gold)
中段から押し上げつつ末脚を使うスタイル。
末脚のキレはなかなか鋭いので上手くタイミングがハマれば
一発のある馬だと思われます。
脚質の割に安定感があり、ここ7走は掲示板を外さない好走を続けています。
上位馬が前で止まらない展開になると・・・対応出来るかは微妙。
1600万下を勝ったところと格の上ではかなり不足がありそうです。

ピイラニハイウェイ】牡5 56.0 (栗東) Silver Deputy×(Thunder Gulch)
先行、好位から脚を伸ばす馬ですが、末脚はかなり鈍く
基本的に37秒台以上の上がりになっています。
年明けのアルデバランSでは前から抜けた上位馬に脚色で及ばず完敗。
現状ではかなり差を感じる内容でした。
キレを活かす展開でも不足があるのでここでは厳しそうです。

ロラパルーザ】牡4 56.0 (美浦) プリサイスエンド×(ダンスインザダーク)
昨秋にダートに転向以降、複勝圏を外さない好走を続けています。
年明けに10kgほど体重を増やして本格化傾向。
位置取りは少し後ろになってきていますが好位に押し上げつつ、
末脚を使えるようになり自在性が出てきた感じ。
前走の内容がそれまでよりレベルアップしていただけに
上位馬相手にどこまでやれるか試金石のレースになりそうです。

枠順が出る前ですがひとまず、ザクッと位置取り別に並べてみると・・・

先行
トランセンド
フサイチセブン
ウォータクティクス
フサイチピージェイ
ドリームサンデー(微妙)

好位
ワンダーアキュート
ダイシンオレンジ
ラッシュストリート
ピイラニハイウェイ

中段
クリールパッション
ナニハトモアレ
タマモクリエイト
ロラパルーザ

後方
シルクメビウス
ダイショウジェット
マルブツリード

思い切って行った方がいいかもしれない、という陣営のコメントが
出ているウォータクティクスの参戦でペースがどうなるか・・・
ダート適性が不明なドリームサンデーも脚質が脚質だけに
不気味な存在になってくるかもしれません。

前から脚を使える上に、近走の結果も優秀なトランセンド、
フサイチセブン
はかなり有力視出来そうです。
出来が心配ながら実績上位のワンダーアキュート
京都実績が優秀なダイシンオレンジ辺りが追いかけて、
後方からシルクメビウスが追い込んで・・・

実績的に混戦模様ではありますが、近走の出来、力関係
モノを言いそうな感じ・・・あとは休み明けの馬がどれ程
出来るかがポイントになってきそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック