けいけん豊富な毎日

アンタレスS(展開分析)  担【けん♂】

アンタレスSが行われる京都D1800mはスタンド前の直線中間からスタート。
300mほどですぐにカーブに入るため、先行するなら内枠がかなり有利になりそうです。

かなり急なカーブを曲がって、向こう正面では高低差2mの上り坂を
上って行くことになりますので、前半のペースはゆっくりになりがち。

坂の頂点付近からは今度は下りながらカーブに突入。
勢いをつけながら最終コーナー、そして直線へ・・・という構造なので
先行馬の脚は止まりにくく、後方の馬は直線までに押し上げていくことが
非常に難しいと考えられます。
4コーナーでは隊列が長いままで直線に入りやすく、
全ての面において「先行有利」な構造と言えそうです。

4コーナー位置取りと着順の関係
アンタレス位置

良馬場と湿った馬場で分けてデータを取ってみました。

構造から考えられるとおり、圧倒的に先行有利
良馬場に限定してデータを取ると更に先行有利の傾向は強まります。
週末に雨が降らなければ中段より後ろの馬はまったくいらない感じですね(^^;

馬場が湿って脚抜きの良い状態になると、展開はかなり極端になる印象。
基本的に先行有利の傾向は変わりませんが、後方からスパッと差し切る馬や
突っ込んで絡んでくる馬が出てきます。
この辺りは先行馬の能力とペース次第になりそうです。

京都ダートコースでは上がり3ハロンが0.1秒違うと約0.37馬身縮まる計算。
重賞クラスの差し馬になると末脚の威力はかなりのものがあり、
36秒台前半、場合によっては35秒台の上がりが出ることも
十分にありえます。
馬場が湿ったときに差し馬が台頭してくるのも、稍重~だとキレの差
大きくなってくるからだと考えられます。

先行馬に求められるのは36秒台の末脚、でしょうか。
37秒台前半でも展開次第で逃げ切ることは可能かもしれませんが
1秒違う上がりを使われるとコーナーで3~4馬身差あっても
届かれてしまう可能性があります。

週末の天候がかなり重要かも。
まずは先行馬の脚質、能力を見た上で、差し馬の出番があるか
見ていくことになりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック