けいけん豊富な毎日

アーリントンC回顧(展開の綾で消耗戦?!)  担【けん♂】

結局、考察する時間がなかったアーリントンC(阪神1600m)

金曜日の時点では雨で稍重になっていた馬場はひとまず回復して良発表
開幕週だけに影響は少なかったかもしれませんがやや湿り気を残した
感じの芝状態
だったと思われます。

1番人気は大樹ファームの大きな期待を背負ったと思われる
ネーミングのザタイキ
新馬戦で同条件の阪神1600mを勝っていますが、
超絶スローペース過ぎて参考にはなりません(爆)
前走は緩まないペースになったものの、前の馬が崩れたところを
中段から差した内容で、キレ味は評価出来るものの過大評価は
危険なニオイ・・・

2、3番人気はどちらも今年の新種牡馬デュランダル産駒
ニシノメイゲツ、フラガラッハ。
まだ出走回数が少ないのではっきりした傾向とまでは言えませんが
デュランダル産駒がこれまでにあげている芝での9勝の内訳は
・中山3勝
・小倉2勝
・京都1勝(内)
・札幌1勝
・阪神1勝(内)
・東京1勝


と、直線が長い競馬場での勝利は1勝だけ・・・
短い直線での瞬発力勝負に偏った傾向が出始めている印象があります。
距離の面でも1600mまでが限界になっており、
タフなレースになりやすい阪神外回りの1600mをこなせるのか
かなり不安がありました。

レースを引っ張ったのはキングカメハメハ産駒のコスモセンサー
新潟2歳S時に本命視した馬ですが、その後にかえで賞をレコード勝ち、
稍重の京王杯2歳Sで5着・・・ハナを切ったことはありませんでしたが
速いペースでも好位につけられる先行力がある馬です。

12.6-11.3-12.4-12.1-11.2-11.1-11.4-12.7
前半800m 48.4
後半800m 46.4

大きく出遅れたフラガラッハでしたが、前半が少しゆったりと
流れたこともあって外を回してグングンと上がって行き、
気がつけばなんと前のコスモセンサーに迫る勢い(爆)

後方からフラガラッハに迫られたコスモセンサーの石橋脩騎手は
圧力を感じてしまったのか、驚いたようにこの800m通過地点、
カーブの最中にいきなり加速を開始・・・

この加速開始がレースの展開に大きな影響を与えてしまいました。
早くから緩まないペースになってしまったために後続の馬は外を回して
上がって行くことが出来ず
、直線入り口で隊列は極端に縦長・・・
キレを活かせる馬場でもなく、長く脚を使わされているために
非常に先行有利な展開となっています。

ただし、先行馬も早めにスパートを開始しているため、
最後まで脚が残せるかどうか・・・能力を問う内容となりました。

直線で先頭に立つ勢いだったフラガラッハは出遅れからの
巻き返しですから、さすがに力尽きてなかなか抜け出せません。
逆に内から巻き返して行ったのは先行したコスモセンサー・・・
というか、最後の急坂で好位の馬が脱落した感じでしょうか。

中段からなかなかスパートがかけられなかったザタイキ
最後の100mでジリジリと加速開始。
余力を失った前の馬をとらえて前に迫りますが、
コスモセンサーの脚はなかなか鈍らず、2着に入るのが精一杯。
少しエンジンが掛かるのが遅い馬なのかもしれません。
ただし、厳しい流れでも最後に伸びていることは評価出来そうです。

コスモセンサーが見事にアーリントンCを制覇。
消耗戦を作って押し切った内容は高く評価して良さそうです。

3着には好位で踏ん張ったレトが入りました。
最後に引き離されただけに勝ち馬とは力関係が見えてしまった印象ですが
全兄のアロマンシェスはアーリントンCで7着ながら最速の上がりを
使っていましたし、長い直線のあるマイル戦を得意にしているだけに
ここでも軽視し過ぎは危険だったかもしれません。
シンザン記念で印を打ったのは少し気が早かったですね(笑)

ある意味、先につながる内容だったと思います。
コスモセンサー相当タフな能力を示しているので
後傾ラップになりそうなレースや、逆にハイペースを作る先行馬が
出てくるような消耗度が高いレースでは注意が必要になりそうです。
皐月賞でも前で積極的に行くなら期待できるかも?!

レース後のコメント
1着 コスモセンサー 石橋脩騎手
「今日はハナにはこだわっていませんでした。出たなりに馬とケンカしないように、
その点を注意しました。直線も脚が止まっていないので、もしかしたら行けるのでは、
と思いました。新潟で勝ったときと比べて、うまく馬が育っているという印象です」


2着 ザタイキ 藤田伸二騎手
「今日はレースそのものはうまく運べましたが、4コーナーで手綱を緩めたときの
反応がいまひとつで、新馬のときのようにスパッとギヤが入りませんでした。
徐々にスピードが乗っていった感じです」


3着 レト 幸英明騎手
「直線で内と外、馬体が離れていたのでフワフワしてしまった。距離はこなせると思います」

4着 シゲルモトナリ 北村友一騎手
「前に行くのはイメージ通り。4コーナーで他馬に早めに動かれながら、よく頑張りました。
前々走のイメージがよかったので、これぐらいは戦えると思っていました」


5着 フラガラッハ M.デムーロ騎手
「立ち上がったときにゲートが開きました。スローな流れで行きたがるような面を見せたので、
あのようなレースになりました。仕掛けが早かったかもしれません」


7着 キョウエイアシュラ 福永祐一騎手
他馬を怖がる面を見せていましたが、外に出したらいい脚で伸びました」

8着 ペガサスヒルズ 安藤勝己騎手
「状態は上向いていますが、芝だと伸び切れないですね」

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

リクエストにお応えしてtosanoabarennbouのリポートです(笑

只今 中山競馬場から10分くらいの現場にいます

どしゃ降り

ですね(爆
現場 水 浮いてます( -_-)
昨日の夜から結構降ってますので馬場回復は厳しいかと。

こんなんでましたぁ~
でわでわ(^-^)

tosanoabarennbou | URL | 2010年02月28日(Sun)07:48 [EDIT]


>tosanoabarennbouさん

ありがとうございました(^^)
関西は朝から晴れ模様だっただけに
土砂降りと聞いて外を回す差し馬を
完全に見切ることが出来ました♪

こういう情報交換が出来ると本当に
助かりますね。
また良かったら現場リポートを
お願いします(^^)/
※ずーずーしくてすいません(爆)

けん♂ | URL | 2010年02月28日(Sun)22:07 [EDIT]


 

トラックバック