けいけん豊富な毎日

中山記念(展開分析)  担【けん♂】

中山記念が行われる中山1800mは正面スタンド前辺りからスタート。
いきなり上り坂スタートになっているためダッシュがつきにくい感じです。
その上、2ハロン目はふたたび上りながらのカーブに突入。
先行するなら内枠が圧倒的に有利だと考えられます。

カーブの終いからは今度は下り坂。
1000m地点までダラダラと下っていくため、道中は緩みにくく
スタートが遅い割には前半のペースは速くなってしまいがちです。

タイトなカーブを曲がり終えると短く急坂のある直線勝負。
先行馬がバテ気味になっていればカーブで隊列が縮まり、キレ味勝負になる印象。
逆に前半にペースを落とすことが出来れば後半にペースが落ちず
隊列を長く保ったまま直線に入れるので先行有利、という構図になります。

先行馬次第でレースの性格が変わるレース。
それに合わせて騎手の仕掛けどころもかなり重要になりそうですね。

4コーナー位置取りと着順の関係
中山記念位置1

過去の中山記念のデータです。

中山1800mは中山で行われる他の距離のレースに比べて
スピードとスタミナのバランスが難しいようで、
先行有利の傾向が出にくい設定になっていますが・・・
それでもやはりかなり極端に先行有利な傾向が出ています。

少なくとも6番手以内に押し上げていないと話にならない感じ。

前半1000mのペース別に上記のデータを分けてみました。

ペース別、位置取りデータ
中山記念位置2

前半をある程度速いペースで行った場合でも先行有利の傾向は
変わりませんが、2着に後方からの馬が突っ込んできています。
やはり前の馬の脚が鈍りやすくなることに合わせて
隊列が縮まるのは影響が大きいようですね。

前半をスローでまとめると・・・もう前の馬以外洋ナシ(笑)
中段からでも話にならない、という極端な傾向になっています。

今回は昨年と違って先行脚質の馬が数多く登録してきています。
その中でサニーサンデーを管理する谷原師は
中山金杯のような緩ペースでの逃げでは持ち味が出ない。
今回はテンから行かして後続馬が息が入らないような競馬をさせる

nikkansports.com)
とコメントしています。
もちろん、事前コメントは裏切られることもあるので
信用し過ぎは危険ですが、他の先行馬との兼ね合いもあるので
今回はかなり前傾気味のレースになりそうです。
決め脚のある馬にも注意したいところですね(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック