けいけん豊富な毎日

京都記念回顧(騎手の力量)  担【けん♂】

すでに中山記念の考察に入っていますが、ひとまず先週行われた
他のレースについてもふり返っておきたいと思います。

まずは京都記念(京都2200m)

ブエナビスタ、ドリームジャーニーなどかなりのメンバーが揃い、
今後を占う意味でも大事なレースとなりました。

ハナを切ったのは川田騎手に乗り代わったホクトスルタン。
基本的に長めの距離を先行してきた馬が前に行ったこともあって
レースはグッとペースが落ちて淡々と進む展開。

12.7-11.2-12.6-13.1-12.6-13.0-12.9-11.9-11.7-11.4-11.3
前半1000m 62.2
後半1000m 59.2

道中は13秒台に落ちる超スローペース
決着タイムがかなりバラバラになりやすい傾向があるレースではありますが、
今年は前半だけ見れば07年並みのゆったりした流れになっています。

スローペースをしっかり見切って外枠から押して3番手につけたのは
ブエナビスタ。折り合いに苦労するところがなくなり、
こういう位置で競馬が出来るようになったのは非常に心強いですね。

中段に前週ダイヤモンドSを回避したジャガーメイル
その後ろ辺りにドリームジャーニー
武豊騎手とのコンビで人気を背負ったサンライズマックスは最後方・・・
うーん、末脚を活かすというイメージが強いのでしょうか。
ステイゴールド産駒の能力を活かすなら外回りではこういう騎乗は
疑問なんですが・・・

強烈なスローペースになったにも関わらず、ホクトスルタンが
単独で逃げ、2馬身差にセラフィックロンプ・・・そしてそこから
5馬身ほど離れて集団が追走・・・後方集団はかなり楽なペース
なっていますね。

下り坂に入って徐々に加速開始。
ゆったりと脚をためれたこともあって、前の馬の脚がなかなか鈍りません。
横山典騎手の脳裏には昨年のエリザベス女王杯がよぎったのでは
ないでしょうか。
逃げ切り許すまじ!という気迫をこめて差を詰めていくブエナビスタ。
ドリームジャーニーも仕掛けを開始・・・外を回して
グーッと前をうかがう態勢です。

直線に入って最内をひた走り、逃げ切ろうとするホクトスルタンでしたが
馬場の中央辺りをブエナビスタがジャガーメイルを引き連れて
グイグイと詰め寄り、並ぶ間もなくかわすとそのままゴールイン!
2着にはジャガーメイル、遅れて仕掛けたドリームジャーニー
結局差を詰め切れず・・・3着に終わりました。

最後は仕掛けた位置の差・・・脚色がほぼ変わりないだけに
展開に合わせて競馬をした横山典騎手の読み勝ちという印象です。
上位3頭の能力は十分に評価できますが、消耗度の少ない
楽なレースだっただけに、実力差が出たのは仕方がないですね(^^;
ドリームジャーニーはやはり外回りだと一歩届かない傾向が
出てしまう感じです。

前で失速した馬はかなり状態に疑いあり。
トウショウシロッコ、セラフィックロンプなどはしばらく
休養が必要かもしれません。

レース見て感じるのは・・・武豊騎手の位置取りの悪さと
仕掛けどころの鈍さでした(>_<)
たしかにサンライズマックスは後方からになりやすい馬ですが
これほどのスローペースで策もなく、後方待機を選択するのは
超一流騎手とは言い難い感じ・・・少なくとも昔の武豊騎手なら
流れに合わせて自在に位置を変えてきていたのではないでしょうか。
ブエナビスタ、ドリームジャーニーなど末脚で敵わない可能性の高い馬が
いるのにもかかわらず、その後ろからレースをしようとするのは
勝つ気がある騎乗とは思えません
その馬の良さを展開に合わせて最大限に活かすような競馬・・・
さすが武豊騎手!と感嘆するようなレースを見せてもらいたいものですが・・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2010年02月22日(Mon)23:18 [EDIT]


いつも拝見させていただいています。前から感じていたのですが、アンチ武豊騎手ですか?ブログからそう感じます。

なおえ | URL | 2010年02月23日(Tue)01:32 [EDIT]


>なおえさん
どうもです(^^)

いやいやどちらかと言えば武豊騎手応援派の
つもりです・・・誤解を与えてしまう表現が
あったら申し訳ないです。

意思のある騎乗をされる騎手として
非常に高く評価していたのですが
このところ武豊騎手らしい騎乗が見られず
本当に残念に思っています。

馬の影に隠れがちな騎手という職業の中で
競馬を作るのは騎手と馬の両方、ということを
しっかり見せられる騎手だと思います。
なんとか復活をしてもらいたいものですね。

けん♂ | URL | 2010年02月23日(Tue)01:53 [EDIT]


同意

武豊騎手に関する考察はまったく同意です。

最近、特に芝のレースでペース判断力が著しく鈍ってますね。

この流れが続くなら、当分予想上軽視したいです。

とんとん | URL | 2010年02月23日(Tue)08:32 [EDIT]


いつも参考にさせていただいています。

武豊騎手に関してですが、共感できる意見です。
馬の良さを活かす騎乗という意味では
彼の右に出るものはいなかったと思うのですが、
特にここ最近の重賞騎乗では彼らしくないなぁと
感じることが多くなった気がします。

元アンチ武豊の僕としては、
彼の騎乗馬を馬券からはずして買い、
憎らしいほどに上手い彼の騎乗を見て、
「ちくしょー!また武かよ!!」
と叫ぶってのも競馬の醍醐味だったのですが…。

また彼の騎乗を見て「ちくしょー!」と叫ぶ日が
早くやってくる日を待ち望みます。

ハンター錠二郎 | URL | 2010年02月23日(Tue)08:58 [EDIT]


>とんとんさん
どうもです(^^)/

武豊騎手の体内時計の正確さは
騎手界でも群を抜いているという話だったんですが
最近はそれを活かせていない感じですよね。
以前は「それでも武豊騎手なら何かしてくるかも」
と怖い面がありましたが、今は・・・残念です。

けん♂ | URL | 2010年02月23日(Tue)20:28 [EDIT]


>ハンター錠二郎さん
どうもです(^^)/

たしかにアンチの方から見てもライバルは
強い方が倒し甲斐があるわけで(^^;
素晴らしい騎乗をされてこそ、反発し甲斐が
ありますよね(^^)

昔の「勝ちたいオーラ」がヒシヒシと
伝わってくるような武豊騎手の復活に
期待したいものです・・・

けん♂ | URL | 2010年02月23日(Tue)20:31 [EDIT]


 

トラックバック