けいけん豊富な毎日

中山記念(各馬分析2)  担【けん♂】

中山記念(中山1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

テイエムアンコール】牡6 (栗東) オペラハウス×(ブライアンズタイム)
直前で乗り代わりになってしまった小倉記念は16着と大敗。
瞬間的な脚には不足があるので、後方から上手く押し上げていく
必要があり、騎手の能力は非常に大きく影響するタイプだと
考えられます。前走の復帰戦は+18kgとかなり太目だっただけに
今回はマイナス体重が大前提。
この馬も前が崩れるのを待つ感じになりそうです。

トウショウウェイヴ】牡5 (美浦) ステイゴールド×(ニッポーテイオー)
結果を出しているのは東京に偏っていますが、本質的には
中山向きの馬。コーナーでしっかり押し上げていれば結果が
出せる事を中山金杯(3着)で証明してくれました。
好位から脚を使えるようになってきているので、しっかりと
位置を取れれば能力上位。騎手の判断が重要になるので
能力を活かし切るような騎乗を期待したいものです。

ドリームサンデー】牡6 (栗東) タイキシャトル×(ブライアンズタイム)
かなりスローなペースで先行するタイプの逃げ馬でしたが
ここ2戦は前半から飛ばす傾向になっています。
最後の伸び脚にはかなり不足があるのでスローで粘り込むくらいの方が
良さそうですが、他の先行馬との兼ね合いになりそうです。

ニルヴァーナ】牡7 (栗東) サンデーサイレンス×(Nureyev)
福島記念では好位から前に寄せたところで大失速。
このところは同様のレースが続いてしまっており、
出口が見えません。脚質的には直線が短いコースの方が
合いそうですが、平坦コースでしか結果が出ていないだけに
厳しそうです。

ファルカタリア】牡6 (美浦) フジキセキ×(トニービン)
ダートの短距離から芝に転向。1400mで1勝がありますが
いきなり重賞でどうこう出来る馬ではなさそうです。
後方からの脚質で末脚はそれなりにキレがありますが・・・
このレースに合う感じはないと思われます。

マイネルグラシュー】牡6 (美浦) メジロライアン×(アフリート)
かなりスローなペースで先行する逃げ馬。
余程馬場が湿るなどの要因がなければ重賞でどうこう出来る感じは
なさそうです。他の先行馬との兼ね合いを考えても
今回はペースについていくので精一杯になりそう・・・。

モエレビクトリー】牡4 (美浦) ゴールドヘイロー×(オジジアン)
3連勝で迎えた小倉大賞典は感冒のため取り消し。
昨秋の復帰戦で+16kgと馬体を成長させて本格化傾向。
中山での連勝を含めて逃げての3連勝は内容をしっかり
見ておく必要がありそうです。
淡々と緩めないペースで引っ張るタイプですが、コーナーでの
加速がないだけに、重賞クラスで対応出来るかは微妙。
騎手の力量も含めて他の先行馬との兼ね合いに注意したいですね。

ライブコンサート】せ6 (栗東) Singspiel×(Kingmambo)
コーナーで前の馬の脚が止まってしまった京都金杯を
中段から伸びて制覇。それなりに末脚のある馬ですが
展開に左右される面があり、なかなかハマる展開には
ならない感じです。
年明けに戻した馬体を前走でまた少し減らしているので
馬体の維持が出来ているかにも注意。中山向きの脚質ではなさそうですが・・

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック