けいけん豊富な毎日

京都牝馬S(出走馬の格について)  担【けん♂】

京都牝馬S(京都1600m)について見ていきたいと思います。

08年京都牝馬S
1着アドマイヤキッス
2着ザレマ
3着キストゥヘヴン
4着ブルーメンブラット
5着ローブデコルテ

09年京都牝馬S
1着チェレブリタ
2着レインダンス
3着ザレマ
4着テンイムホウ
5着オディール

レースレベルは別にして、08年の上位馬はかなり名前の通った実績馬揃い。
まさにGⅠクラスのメンバーが揃ったレースという印象です(^^)
比べると09年の上位馬はかなり落ちてしまうなぁと感じるのは
私だけではないと思います・・・。

今年の出走予定馬のクラスと比較してみました。

京都牝馬S:出走馬クラス比較(頭数)
京都牝馬格
※今年の分は水曜時点の出走予定馬

昨年が落ちて見えるのも当然の話・・・出走馬のレベル自体が
段違いでした(爆)

今年は昨年とは違い、GⅠ馬、重賞勝ち馬がある程度揃っており
その意味では08年に近い格のレースになりそうな感じもあるわけですが・・

GⅠ馬のレジネッタは桜花賞以来勝ち星がなく、
現状でGⅠ級の馬なのかというと疑問がある状態(出走未定)。

重賞勝ち馬に関しても、昨年のこのレースで押し出された形で
重賞勝ち馬になったチェレブリタはそのあと掲示板もない成績・・・
不良馬場の福島牝馬S勝ちを除くと1000万下しか勝ちのないブラボーデイジー
07年の小倉記念を制して以来、掲示板もないサンレイジャスパー
・・・この辺りを高く評価して良いかと考えるとかなり不安がありそうです。

昨年、一昨年と上位に食い込んだザレマは昨秋に京成杯AHを勝っており、
中では一番上位クラスと考えてもいいかもしれませんね。

OP勝ちのあるクラウンプリンセスは不安定な成績ですし
昨年のこのレースでも7着と凡走しています。

・・・こうやって考えると出走馬のレベルにはかなり不足感
出てきそうな印象です。

1600万下までの勝ちがある馬は昨年よりも頭数が減っているわけで
全体を見渡すと本質的には・・・昨年以下のレベル?!(涙)

レースのレベルを左右するのは・・・基本的には先行馬。
道中のペース、加速ポイントなどに大きく関わってくるので
先行馬のレベルがそのままレースのレベルになると言っていいと思われます。
今回先行しそうな馬は・・・

・ブラボーデイジー(実質的には1000万下?)
・プロヴィナージュ(1600万下)※東京新聞杯に向かう見込み
・ベストロケーション(1600万下:短距離の先行馬)
・ショウナンラノビア(1600万下:休み明け)


この辺りでしょうか。
体が絞れてくればザレマも展開に関わってくるかもしれません。

昨年のこのレースは事前に
1600万下に毛が生えた程度になるかも
と評していましたが(爆)今年もほぼ同様のイメージになりそうです。

実績上位馬が信用出来ないだけに、1600万下を押し切っている馬は
そのまま上位クラス
、ということになってきそうですが
プロヴィナージュが回避となると、他は条件が微妙な状況だけに
さらにレベルが下がってしまうかも・・・

1000万下に毛が生えたようなレベル・・・になってしまうと
格上の馬も展開に絡め取られてしまうこともありえそうです。

格もある程度重視したいところですが、展開>格、というレースに
なってきそうな印象。脚質と出来には注意したいですね(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック