けいけん豊富な毎日

京都牝馬S(各馬分析1)  担【けん♂】

京都牝馬S(京都1600m)について見ていきたいと思います。

エリモファイナル】牝8 54.0 (栗東) オペラハウス×(ドクターデヴィアス)
昨年も前崩れ気味の1600万下(阪神1600m)を勝っているように
長く頑張っていますが、近走では位置が後方になりがちで
余程展開がハマらないと厳しい感じ。決め脚はそれなりですが
重賞で注目するほどではないだけに・・・。

キティ】牝4 52.0 (栗東) Northern Afleet×(Forestry )
ダート1800mで5戦して3勝、連対を外さない好走を続けています。
スローならば先行気味に行く馬ですが、前走では好位からの差し切りを見せ、
競馬の幅が広がった感じ。血統的にはかなりダート向きな印象で
母系からは気性の強さとモロさを感じますので、初芝で戸惑うようだと
ガックリと崩れることも・・・。

クラウンプリンセス】牝6 55.0(栗東) スペシャルウィーク×(Seattle Slew)
昨年のこのレースでは好位で脚が止まって7着。
苦手な湿った馬場だったということも大きそうですが
いい時と悪い時の差が大きくて推しにくい馬ですね(^^;
京都外回りでも好走がありましたし、近走は阪神外回りで結果を
出しているだけに条件的にはハマってもおかしくない馬、
不調からもあっさりと巻き返すことがあるので注意。

サンレイジャスパー】牝8 56.0 (栗東) ミスズシャルダン×(Cozzene)
07年の夏以来、掲示板もない成績。
後方からキレ味のある脚を使える馬で京都も脚質に合うタイプですが
さすがに年齢による衰えが大きいようです。
好走体重を大幅にオーバーしてきているので思い切って絞り込めてきたら
見直してみる必要があるかもしれませんが、プラス体重なら論外かも。

ザレマ】牝6 56.0 (栗東) ダンスインザダーク×(Zafonic)
昨年のこのレースで3着。キレ味は微妙ながら前で競馬が出来る強味があるので
展開次第で上位に食い込む可能性は十分にある馬だと思います。
昨秋に大きく馬体を増やしてしまっており、さすがに体が重い感じ・・
先行力も鈍ってしまっているので今回はかなり絞ってきて欲しいですね。
プラス体重なら切り候補。

ショウナンラノビア】牝7 54.0 (栗東) フレンチデピュティ×(ヘクタープロテクター)
7か月ぶりのレース、先行してそれなりに粘る脚が使える馬なので
前有利な展開になるなら粘りこみもあるかもしれません。
間が空いているだけに、どんな出来で出てくるか微妙なだけに
過大な期待はしにくいですが、京都外回りは血統的には合うので。

チェレブリタ】牝5 54.0 (栗東) ブラックホーク×(アンバーシャダイ)
昨年のこのレースでは湿った馬場の内が空いたところを突く見事な
騎乗で重賞制覇。昨秋は適性外のレースに出走しているので大敗は
度外視して良さそうです。この馬もかなり太目になってしまっているので
しっかり絞り込んで来れたら、という条件になりそうです。

ヒカルアマランサス】牝4 52.0 (栗東) アグネスタキオン×(A.P. Indy)
秋の復帰戦となったローズSでは+32kgと大幅体重増で成長。
そこから徐々に絞り込みつつきており、愛知杯では中段前から
メイショウベルーガに並ぶ末脚を発揮、今後に期待したい1頭だと思います。
ある程度安定して前で競馬が出来る上に伸び脚は優秀、
前の馬の脚が鈍るようなら一気に重賞制覇もあるかもしれません。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック