けいけん豊富な毎日

AJCC(展開想定)  担【けん♂】

AJCC(中山2200m)の枠順が出たところで、ざくっと展開について
考えておきたいと思います。

1枠1番に入ったデルフォイは前走で最後に一伸び足りなかった、と
藤岡佑騎手がコメントしていましたが・・・実際には非常に厳しい内容を
耐えたレースだったわけで、伸びずとも粘っただけでも評価して良かったと
思います。今回は末を活かすために少し控えめにしそうな感じもしないでもない
ですが、この枠からならとりあえず前につけて行ってもらいたいものです。

トウショウシロッコは中山では控える騎乗が多いですね。
吉田豊騎手の乗り方自体がある程度パターン化されているので
今回も一旦下げて中段から、という感じになりそうです。

ビエンナーレは前に行きたいところですが、相当なスローじゃないと
主導権は握れない馬なので3番手から5、6番手辺りになりそうです。

キャプテントゥーレはこのメンバーならハナを切って行く可能性が
ありそうです。前走でマイルのペースを経験しているだけに
平均ペースでも楽に思えるくらいかも。

ドットコムもある程度前に付けたい馬ですが、スローじゃないと
少し厳しいですね。好位からその後ろくらい・・・

前走で逃げ切りを見せたベルモントルパンは木幡騎手に乗り代わり。
行くときはガツンと行ってしまいそうな騎手なだけに
ハナを切るなら前走とはガラリと内容が変わってしまいそうです。
積極的に行くかどうかも微妙・・・

マイネルキッツは昨年とは違い、前に付けて行く指示が出ている模様。
スタートが良い馬ではないですが、ある程度前で競馬をしに行きそうです。

ゴールデンダリアは3歳時の主戦騎手の柴田善騎手に戻りました。
セントライト記念のイメージで乗るなら・・・後方から。
春頃のイメージで行くなら前に詰めて・・・うーん、
スタート次第かもしれませんね。

ネヴァブションが昨年このレースを勝ったときも横山典騎手でした。
この枠からでもペースを見ながらですが、しっかりと前に
寄せてきそうですね。
レースレベル次第になりそうなので、果たして対応出来るか・・・

ダイワワイルドボアは前に詰めていないとどうしようもない馬ですが
今回も外から前に行けるとは考えにくいです。

アルコセニョーラもこの枠からだと下げて末脚に賭ける感じになりそう。

アドマイヤコマンドは後藤騎手が手応えを感じているようですが
さすがに休み明けなので、まずは無事に走りきるのが最優先。
無理にガリガリいかず、後方から脚を伸ばせるかを試す騎乗に
なりそうかと。

シャドウゲイトは前に行きたいですが・・・厳しい枠に入って
しまいました。押し上げて中段前までくらいかも。

ハナを切りそうなのはキャプテントゥーレ、もしくは
ベルモントルパンでしょうか。

キャプテントゥーレの場合は、緩まないまでも淡々とした感じに
なってきそうです。皐月賞をイメージするなら後傾ラップを
作る方向になりそう。

ベルモントルパンも今回はスローというわけにはいかない感じ。
平均ペースから・・・暴走まで?!

いずれにしろ、あまり急加速のない後傾ラップを想定。
後方から詰め寄るのは難しく、好位辺りからの差しが有効になりそうな感じですね。

※予想は大阪に戻ってからになりますので土曜の晩・・少し遅めに
 なるかもしれません。まずは無事に帰り着けることを祈って・・・(爆)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック