けいけん豊富な毎日

菊花賞をふり返ってpart2   担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)について、回顧&来年への申し送り第2弾です。

先ほどふれた血統面で言えば、リーチザクラウンの失速は
やはり母系によるものが大きそうです。
母父シアトルスルーというと基本的に距離は短めに出ており、
これまでの例外はカワカミプリンセスだけ。リーチザクラウンも例外的な馬と
考えて良さそうですがそれでも上限は2400m程度なのかもしれませんね。
この馬の場合、気性の問題は今後も大きく影響をしてしまいそうな予感。
距離を短縮すると落ち着くまでにレースが終わってしまいそうですし・・
そういう面での成長に期待したいところです。

ナカヤマフェスタは12着と厳しい結果に終わりました。
同父のドリームジャーニーが菊花賞で5着・・・もう少し頑張れるかと
思ったのですがやはり瞬発力系の血統と見た方が良さそうです。
今後も直線が長い競馬場では割り引いて見た方がいいかもしれません。
レース選択が難しいですね。

アンライバルドは躓いたということですが・・・直線では下がる一方。
ネオユニヴァース産駒には長距離適性を期待していますが、今回はまだ
不明のままで終わってしまった感じです。
ロジユニヴァースだったらどうだったのか・・・今回は残念でした。

マンハッタンカフェ産駒も距離延長は基本的にプラスですが
瞬発力系の馬も多く、その点でもイコピコは難しかった印象。
能力には今後も期待出来そうですので中距離で巻き返しが楽しみです。

馬体重
今回の上位馬の馬体重は
1着 498kg
2着 490kg
3着 514kg


考察でふれたとおり、480~500kgの馬が優勢という結果に
終わりました。昨年は1~3着を独占していたわけで
やはりこのバランスはかなり重要視して良さそうです。
基本的に馬格は大きいほど有利、ただし500kg以上の馬はヒモ候補・・・
来年はこういう決め打ちも面白いかもしれません(^^)
460kg以下の馬は特別な馬でない限り、目つぶってぶった切るというのも
絞りこむ手段として有効になりそうですね。

生産地
圧倒的に優勢だった社台支配を02年のヒシミラクル以来久しぶりに
断ち切ったスリーロールス。これはかなり大きな意味がある結果だと思われます。
フォゲッタブルが2着に入り、ノーザンFは面目を保った形になっていますが、
生産地は一応参考程度で、やはり各馬の能力重視の方向で
考察を進めた方が良さそうです。
ただ、この背景については昨年の例もあるので展開を考える上で
頭の片隅には置いておく必要
があると思います。

実績
今回はクラシック上位馬が5頭揃って出走ということで
上がり馬の出番はない・・・はずでしたが結果はまったく逆になりました。
1、2、4着が春に実績がない馬・・・あえて言えば

・スリーロールス 毎日杯8着、はなみずき賞2着
・フォゲッタブル すみれ賞5着
・イコピコ プリンシパルS4着


ということで一応クラシック路線も意識していた馬の括りの範囲。
春のクラシックの内容次第でこういう馬の巻き返しもある、と
頭に入れておきたいですね。あとは血統的な成長の具合
かかわってきそうです。

馬体
馬体写真については全頭分あるわけではないので
非常に悩ましいところですが、非常に良く見えたフォゲッタブル
2着に飛び込んで来ています。
昨年は良く見えなかったスマイルジャックを指名してぶっ飛び、
今年は良く見えたフォゲッタブルを切って撃沈(爆)
まったく学習していませんね(>_<)
他の項目との兼ね合いもありますが、馬体の雰囲気
もう少し重視してもいいかもしれません。
理性と感性・・・悩ましいところです・・・。

脚質
今年のようにしっかりした先行馬がいる場合には基本的に先行優位
枠順も含めて、前に行ける馬を重視して良さそうです。
逆に後方からの馬は割引が必要。せめて中段で競馬が出来る馬までで
絞りこむと馬券選択が楽になりそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
菊花賞はどの馬も初距離になる上に、展開が年によってバラバラ。
なかなかピッタリはまるガイドラインがわかりにくいわけですが
馬の能力(背景も・・・?)から展開を想定した上で
体重、実績などの要件で絞り込んでいけばもう少し精度が上げていけそうです。
来年の菊花賞はなんとかビシッと当てたいものですね(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も春の実績馬の扱いには注目しており、
秋初戦の内容も合わせて検討しています。

リーチザクラウン=好走必至
セイウンワンダー=好走あり
と見ていました。甘かったですね。

今年の結果をふまえて考えたのは、
「皐月賞・ダービーが道悪の場合はカウントしない」

リーチザクラウン=逃げ馬
アントニオバローズ=ノドの影響
と他の減点材料がありましたが、
「ダービーが良馬場なら上位馬はごっそり変わっていたかも知れない」
だとすると、
「今年は荒れる可能性大!」と見れるのかなと…。




えむけー | URL | 2009年10月26日(Mon)21:33 [EDIT]


>えむけーさん
そうですね。ダービーをカウントしないとなると
クラシック好走馬は3頭・・・
荒れてもおかしくない感じだったのかも
しれません。

若い馬だけに調整の具合やアクシデントも
怖いですし、外堀から攻めるのは難しい
レースだったという印象です。

馬の力、適性をもっと見ていかねば
いけないと反省中です・・

けん♂ | URL | 2009年10月27日(Tue)03:07 [EDIT]


こんばんは~

天皇賞は予定があるので今回は見送りです
なので今更菊花賞のコメントします(遅っ)

負担重量に血統…正直少し軽視してました
今回はそれが見事に物をいうレースになってましたね…流石です

話は変わりますが今回のレースは上位陣に今後の期待がもてそうですね~
スリーロールス、フォゲッタブルはもちろんですがセイウンワンダーは早熟二歳王者でないことを証明しましたしイコピコも単なる一発屋ではなさそうです
ただ期待したリーチが…いい走りはしたのですがやはり気性と最後の踏ん張りの改善が欲しいです
現状だと格好のペースメーカーにされてしまう気が(爆)
長文スイマセン

ザルカヴぁ~ | URL | 2009年10月27日(Tue)23:22 [EDIT]


>ザルカヴぁ~さん
色んな要素があるなかで、体重と血統、
この2つに絞るだけで的中できていましたね(笑)
私もデータが多くて逆に迷ってしまった感じでした。

来年は思い切ってこの2つを中心に、と
思っていますが・・・

今回の上位陣はかなり優秀な能力馬だという
印象です。
特にスリーロールス、イコピコは
大物感がありますね。楽しみです(^^)g

リーチザクラウンは・・・色んな意味で
難しい結果となりました。
距離を短縮すればいい、という感じでも
ないと思うんですよね・・うーん・・

けん♂ | URL | 2009年10月28日(Wed)19:51 [EDIT]


 

トラックバック