けいけん豊富な毎日

菊花賞(距離適性分析)  担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)について、今回は血統的な距離適性を見てみます。

3000m経験のある馬は・・・当然おらず(笑)
どの馬も初体験、ということで手探りな面があると思われます。

もちろん個体差はありますし、母系の影響もあるので
その辺りも加味しなければいけませんが、ここでは父系の距離延長での
複勝圏率の変化
について調べてみました。

種牡馬別複勝圏率上昇度
菊花賞距離

本来は2600m以上の長距離のデータを見るべきなのかもしれませんが
どの血統にしてもレースメニューの関係もあり、出走回数が少なすぎて
データになりません(^^;

ということで2200m~2600mでの複勝圏率
芝レース全体の複勝圏率を比較して上昇があるかどうかを見ています。
実際、菊花賞の場合は途中のペースが落ちることもあり、
内容的には3000m級のスタミナがなくてもこなせてしまう
という面がありますのでおおよその傾向は掴めると考えられます。

凄い上昇度を見せているのは
・ジャングルポケット
・ティンバーカントリー
・ステイゴールド


昨年の菊花賞を制したオウケンブルースリもジャングルポケット産駒。
距離は伸びるほど成績が上昇する傾向にあり、ここでは要注目です。

ティンバーカントリーは基本的に芝の成績が極端に悪く
全体の数字が悪過ぎる向きがあります(^^;
その中で唯一この距離だけは大幅に成績上昇・・・スタミナに特化した
タイプであるのは間違いなさそうですね。

ステイゴールドも距離が伸びるほど上昇があるタイプ。
根性溢れる気質が活きている感じです。
3000m級のレースでは3着が1度あるだけですが
今後対応する馬が出てくるかもしれません。

この距離でも微妙に上昇傾向が見られるダンスインザダーク産駒
3000m級のレースになると32.8%と極端に複勝圏率が
上昇しています。菊花賞で好走がある血統だけに要注意ですね。

ネオユニヴァース産駒はまだこの距離で13走しかしておらず
データとしては参考になりません。
2200m周辺の成績37.1%と非常に高く、
そこまでは距離が伸びるほど上昇傾向・・・かなりスタミナのある
血統だと思われますので距離延長は今後プラスに転じてくる
可能性が高そうです。

同様にスマートストライクも走っている回数自体が少なく
まったく参考になりませんが、全体的な傾向としては
距離は短いほど成績が上昇しており、距離延長がプラスになることは
なさそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

自分もステイゴールド産駒のナカヤマフェスタに期待してます
ステイゴールドの母母がダイナサッシュでサッカーボーイの全妹ですのでスタミナに関しては持つと思うんですよねぇ

のび太 | URL | 2009年10月22日(Thu)21:02 [EDIT]


あっ、母が一つ多かったですwサッカーボーイの全妹はゴールデンサッシュでしたねw

のび太 | URL | 2009年10月22日(Thu)21:05 [EDIT]


こんばんは♪ よしお です。
今回のデータはちょっと微妙ですねぇ。
ケチをつけるわけではありませんが、このデータでは上昇度の大きい
種牡馬が、いかに短距離で弱いかというデータになっているような
気がしないでもないような・・・・。ゴニョゴニョ(^_^;)

そんなわけでここは単純に芝全体の複勝圏率の高さに注目するのがいいでしょう。
そうなりますとタキオン産駒の31.5%が最高ですね。
つまり勝つのはタキオン産駒のメジャーくんってことですね。(*^▽^*)
結論ありきの考察をすなっ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

よしお | URL | 2009年10月23日(Fri)00:04 [EDIT]


>のび太さん
ナカヤマフェスタ!魅力的ですよね(^^)
個人的にも応援している馬なので
是非頑張ってもらいたいものです。

不安点があるとしたらロングスパートが
きくかどうか・・・上手く前に
つけてくれたらいいんですが・・

けん♂ | URL | 2009年10月23日(Fri)19:28 [EDIT]


>よしおさん
いやーおっしゃるとおり、実質的な
複勝圏率を比較するとアグネスタキオンは
非常に優秀です(^^)
当該距離でも3番手・・・十分に好走が
あると思います。
ただ、これ以上の距離になるとまた
下がっているんですよね・・・(爆)

けん♂ | URL | 2009年10月23日(Fri)19:30 [EDIT]


 

トラックバック