けいけん豊富な毎日

新潟記念回顧(前が止まらないと・・・)  担【けん♂】

結局雨は降らず・・・曇り空のもと、新潟記念が行われました。

石橋脩騎手が落馬負傷となったため、直前でホッコーパドゥシャが
江田照騎手に乗り代わり。この変更がまさか・・・

※予想は→ココ

1着▲ホッコーパドゥシャ  1.59.6  上がり33.0
2着 サンライズベガ      クビ
3着 メイショウレガーロ
4着○エアシェイディ
7着×ダンスアジョイ
9着×マルカシェンク
15△ダイシンプラン
16◎イケトップガン

※全着順は→ココ

ハナを切って行ったのはメイショウレガーロ。
今回は速いペースで行きたい逃げ馬がいなかっただけに
あっさりと自分の流れに持ち込めた感じです。

13.1-11.4-12.1-12.2-13.0-12.6-11.7-10.9-10.4-12.2
前半1000m 61.8
後半1000m 57.8

底力が不足気味でスローじゃないと脚が残せない馬ではありますが
周りが合わせてくれたため、想定を大幅に超えるスローペース・・・

この流れに反応してダイシンプラン、ホッコーパドゥシャが前に詰め、
先行脚質のデストラメンテ、サンライズベガに混じって好位を追走。

想定通り隊列は長くならず、かなり縮まった形で淡々と流れて直線へ。

馬場の内側が荒れていることを考慮して先行馬も馬場中央に
持ち出していく展開

後方を追走していたマルカシェンク1頭だけがショートカットするように
内ラチ沿いに突っ込んで行きました。

新潟記念:4コーナー
新潟記念4コーナー

超スローの展開になったため、先行馬の脚色がなかなか衰えません。
先行馬の末脚
・メイショウレガーロ 33.6
・サンライズベガ   33.3

先行馬から後方まではおよそ8~9馬身、新潟競馬場では
上がり3ハロンが0.1秒違うと約0.8馬身差縮まる計算なので
後方から最速の上がり(32.7)を使ったエアシェイディは
メイショウレガーロと7馬身ちょいは縮めて行けたわけで・・・
ギリギリ届かなかったのはおおよそ計算通りの結果と言えそうです。

うーん、ここまでスローになって前の馬の脚が衰えないなら
いくら新潟競馬場でもなかなか差し切れないのも当然・・・
ちょっと読み違えましたね(>_<)

結局好位から最後にビュっと脚を伸ばしたホッコーパドゥシャ
念願の重賞勝利!同時にサマーシリーズの逆転制覇を成し遂げました。

ペースだけでなく、道中の位置取り、コース取りなども
かなり難しかったですね。もう一度同じメンバーでレースをしたら
また全然違う結果になる・・・そんな感じの内容だと思います。
まぁ32秒後半から33秒台前半の脚を使っても前に届かないという
レースではどうしようもないです(>_<)

マルカシェンクは・・・積極的にコースを狙った騎乗ですが
今回は裏目・・・仕方がないですね。
心配なのはダイシンプラン。先行気味に行ったために脚が鈍った感じも
ありますが、それにしてもこのペースで崩れるとなると
かなり調子が悪いと言わざるを得ないです。

レース後のコメント
1着 ホッコーパドゥシャ 江田照男騎手
「どういう競馬でもできると聞いていました。流れは速くならないと思っていましたので、
前目に行ってみました。エンジンのかかりが遅いということでしたが、
外目をスムーズに走らせることができて、最後までいい脚を使ってくれました。
急な依頼でしたが結果を出すことができて嬉しいですね」


村山明調教師のコメント
「福島でレコード勝ちの後、宝塚記念も考えたんですが、あそこで休ませたのが
よかったんでしょう。本当は小倉記念を勝っておきたかったのですが、
ここを使うにあたって血液検査をしたり、獣医さんに診てもらったり、
調教を少しセーブしたりしました。目のあたりが黒ずんできたりしていたんですが、
なるべく疲れを残さないように調整してきました。石橋脩くんが急に乗れなくなって、
騎手時代の同期だった江田くんに頼むことになりましたが、いい騎手が残っていました。
同期が乗って厩舎が初重賞勝利ってのも格別ですね。
この後はウオッカと走らせたくなかったのでメルボルンカップを考えていましたが、
検疫の関係で難しそうなのでおそらくは天皇賞になると思います」


2着 サンライズベガ 池添謙一騎手
「悔しい。ガックリです。イメージ通りの競馬ができたんですがね。
馬場に出てもいい感触だったんです。最後にメイショウレガーロを交わした途端に
フワッとしてしまって、その瞬間に差されてしまいました。あと一歩だったんですがね。
でも、これで重賞でも充分通用することを証明できたと思います」


3着 メイショウレガーロ 村田一誠騎手
「あのペースで行かせてもらって負けたんだからしょうがないですね。
でも、思ったよりよく走ってくれましたよ」


4着 エアシェイディ 伊藤正徳調教師
「函館記念か札幌記念を使うつもりだったんですが、馬の状態が全然よくなかったんです。
それでスライドさせて新潟記念に何とか間に合ったんですが、
何を気にしていたのかずっと左手前で走っていました。この後は天皇賞が目標なんですが、
その前にオールカマーか毎日王冠を使うかもしれません。すべては馬の状態次第ですね」


5着 アルコセニョーラ 武士沢友治騎手
「ペースが遅かったですね。それで外に馬が集中してしまいましたから、
内を突くことになってしまいました。それでもきちんと反応してくれて
伸びてはいるんですが、もう少しレースが流れてくれるとよかったですね」

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック