けいけん豊富な毎日

新潟記念(展開分析2)  担【けん♂】

新潟記念(新潟2000m)の出走馬が発表になりました。
回避馬が出たため、スノークラッシャーが繰り上がりになりました。

スノークラッシャー】牡4 サッカーボーイ×(リヴリア9
前走で不良馬場のOPを勝ちましたが、2000mのレースでは
実質的に1000万下で勝ち負け出来る、というレベル。
主戦の松岡騎手がマイネレーツェルに騎乗するため、若手の伊藤騎手に
乗り代わり・・・このレースに賭ける意気込み、という点では
少し疑問を感じます(^^;
馬格がなく、前走の馬体重を元にすると実質斤量負担は12.6%
かなり厳しい状況。過去に56kgまではこなしていますが
重賞でこの負担は・・・キツイかもしれません。
中段からの脚を使うタイプなので展開は合いそうですが
上位馬を上回るような脚を使えるかというと不安がありそうです。

暴走する可能性があったダイシングロウが回避になったため、
先行する可能性がありそうな馬は・・・
・メイショウレガーロ
・サンライズベガ
・デストラメンテ(微妙)


辺りに絞られてきそうです。
その内、メイショウレガーロの村田騎手、サンライズベガの池添騎手は
テン乗りになるわけで、少し様子を見ながら・・という感じになるのなら
前半はかなりのスローペースが想定されそうです。

隊列はそれほど長くならず、3コーナーからのカーブ辺りから
徐々に加速していく展開。

直線入り口でパーッと大きく外に開く感じになりやすい新潟競馬場ですが、
今回は前の馬が余力をもって前に伸びて行きそうなので、それほど横長の
隊列にならず、後方の馬も馬場中央辺りを追う感じになるかもしれません。

追い出しをしやすいのは外枠の差し馬
位置を上げて行きやすく、馬場状態が良いコースを自由に選べそうです。

逆に内枠に入った差し馬は一旦大きく下げて外に出し直すか、
そのまま内を突くか、の選択。

イケトップガン(柴田善)、ダンスアジョイ(角田)辺りは
騎手の性質から見るとおそらくそのまま内にコース取りをしてきそうです。

マルカシェンク(柴山)、ホッコーパドゥシャ(石橋脩)などは微妙。
伸びやすい外のコースにこだわる可能性もあり、タイミング的に
前が空くかどうかなど上手くコース取り出来るかが鍵になりそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック