けいけん豊富な毎日

新潟記念(適性分析)  担【けん♂】

28日(金)現在の新潟競馬場の馬場の状況について前週までと比較して
チェックしておきたいと思います。 

○芝の状態
(今週)
・向正面の3コーナー手前付近の傷みが目立ってきた。
 コースの内側が傷んできたが、全体的にはまずまずの状態。
前週
・外回りコースの3コーナー及び4コーナー付近が傷んできた。
 コースの内側が徐々に傷んできたが、全体的には引き続き良好な状態。

○芝の草丈
・全て野芝、約11~13センチ(Aコースを使用)→前週と変化なし

○中間の作業内容
・24日に芝刈り
・25日(火)にローラーでコース内側の凹凸を均した
・26日(水)に殺菌剤、殺虫剤を散布
・23日(日)、24日、27日(木)に散水

※芝刈りは毎週行われていますが、ローラーをかけたのは初めて


芝の状態は良好→まずまずと微妙に変化してきています。
今回の大きなポイントは・・・ローラー
概してローラーをかけたあとは、極端にキレが出る馬場に変貌しやすく
今週の新潟も上がりが速い競馬になってくる可能性がありそうです。

その観点からすると・・・今回のポイントはキレのある馬重視
ということになりますね(^^;

新潟記念(新潟2000m)出走馬の中で33秒台の上がりを
使っている馬をピックアップしてみると・・・

33秒台前半の脚を使ったことがある馬
・マルカシェンク
・ダンスアジョイ
・イケトップガン
・ダイシンプラン
・エアシェイディ
・エリモハリアー(微妙)

33秒台後半までなら使ったことがある馬
・ホッコーパドゥシャ
・スノークラッシャー 
・トウショウシロッコ 
・アルコセニョーラ 
・ハギノジョイフル(微妙)

非常に微妙な差ですが、過去の出走レースの中で
最速の上がりを出した回数(最速率)を調べてみると

新潟記念:最速率
新潟記念末脚

明らかに33秒台前半を使っている馬と後半までの馬では
個性が違うことがわかります。
もちろん、使われているコースやレースレベルも違うので
単純に横比較はしにくいわけですが、高い確率で切れる脚を使っている馬
今回も期待しやすいと考えられます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ローラーですか!

こんばんわ
競馬予想パドックルームの武虎です

む、む、む…細かなコース&切れる馬分析
感心です!しかもローラーまでとは

武虎は、開催日による馬場状態も上がり0コンマ数秒の差は全く気にしないのですが
(つまり33.1も33.9も同じと考える)
最速率の数字の違いは興味深いです

いくら早い上がりでも、みんなが早い上がりの中でのモノと、際立って早い上がりでは数字以上の違いがあると思いますから

しかしダンスアジョイの最速率は凄いですね
単純にこの馬を買っていれば、2回に1回以上はメンバー最速で上がってくるということですよね

武虎 | URL | 2009年08月28日(Fri)20:22 [EDIT]


>武虎さん
ありがとうございます(^^)

最速率は私も調べてみてびっくりしました。
やはり33秒台前半のタイムを叩き出せる馬というのは
相当特殊な馬なんだと考えられますね。

ダンスアジョイは仕上がり次第で今回も
有力だと思いますが、馬体の感じが・・・
武虎さんの診断も楽しみにしておりますので
是非詳しいポイント解説をお願いいたします♪

けん♂ | URL | 2009年08月28日(Fri)23:01 [EDIT]


 

トラックバック